Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベンガル料理

西ベンガル

お米と魚介料理がポピュラー

西ベンガルは、かつて東ベンガル(その後は東パキスタン)と呼ばれ、1971年にパキスタンから独立したバングラデシュと国境を接する東インドの州。州都はコルカタ(カルカッタ)。ガンジス川とブラフマプトラ川が流れ込む大デルタ地帯があり、多雨で緑豊か、稲作の盛んな土地です。

西ベンガル州とバングラデシュは、ヒンドゥー教徒、イスラム教徒と宗教人口に違いがあるものの、もともと同じベンガル語を話すベンガル人の故郷であり、国境分断後も料理は共通したものが多いようです。ベンガル料理の特徴は、お米(インディカ米)と魚介、そしてレンズ豆、野菜をよく使うこと。特に魚介料理は日常食で、海の魚もあれば、川に棲む淡水魚も食べます。このような点から、ベンガルのカレーは、日本人にとってもっともなじみやすいインド料理といえるかもしれません。魚介があまりにもおいしいため、ベンガルではヒンドゥー教徒の最高位ブラーマーでも魚を食べるとか。彼らは言いわけ(?)に魚を「海の果物」と呼んでいます。

ベンガル料理は、5つの重要なスパイス(マスタード、フェヌグリークシード、クミンシード、アニス、クミンシード)とマスタード・オイルをよく使います。またインドでは珍しく、余分なカロリーの摂取を避けるため、蒸し料理が好まれ、多くの人がおいしく食べるために自分の右手で魚カレーとごはんで混ぜて食べます。

ベンガルの代表的な料理は、ベンガリ・フィッシュ・カレー、魚と野菜のスパイス蒸し焼きバパ、なすに赤とうがらしと塩をまぶして揚げたベグン・バジャなど。またベンガルには、にがうりなど苦味のある野菜を最初に食べてから、豆、野菜、魚、肉、デザートの順番に食べる、西洋のコース料理のような食べ方の伝統があります。

Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。
雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
ご注意

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載はしないでください。記事の原稿、写真は販売しております。
★→詳細 利用規約

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
インド地方料理
Sponsored Link
シェアする
e-food.jpをフォローする
世界料理マップ