マディヤ・プラデーシュ料理

マディヤ・プラデーシュ

地方色豊かな料理

インドのほぼ中央部の内陸、デカン高原に位置し、2000年に隣接するチャッティースガル州が分離するまでインド最大の面積を誇っていたマディヤ・プラデーシュ州。料理はインドの中では特に有名ではありませんが、その広さゆえ地方色が豊かです。

北部や西部では小麦の加工品と肉がポピュラー、南部と東部は米と魚がよく食べられています。中央部のマルワ地方では、ごはんを平らにしたポハが名物。また州都ボーパールでは、ローガン・ジョシュやビリヤニ、コルマといったノン・ベジ料理が、南西部の大都市インドールでは乳製品を使った料理が人気です。

タイトルとURLをコピーしました