トリプラ料理

トリプラ

インド圏と異なった文化を持つエリア

北東インドのナガランド州とバングラデシュに国境を接するトリプラ州は、ナガランドと同様、本来は他のインド圏と異なった文化を持つエリア。緑の谷と密林に少数民族が暮らし、昔ながらの食生活を続けています。その一方で、実質、現在の人口の大部分は、1947年の東パキスタン独立によって流入したベンガル人難民で構成されています。

そのため、トリプラでは、ベンガルの影響で魚、米をよく食べます。一方、原住民たちは、ナガランドのように、豚肉や鶏肉、羊肉、牛肉のほか、カメやカエル、そして犬を珍味として食べるそう。また、たけのこやかぼちゃ、なす、とうもろこしも食べ、とうがらしやベルマという、干し魚を発酵させた調味料を常用しています。トリプラの伝統的な食事はムイ・ボロクといい、ごはんの外側にいくつかのおかずを並べるスタイルで知られています。

タイトルとURLをコピーしました