アッサム料理

アッサム

中国と、ベンガルの影響を受けた料理

北東インドのヒマラヤ山脈の麓にあるアッサム州は、西ベンガルのダージリンと並ぶ紅茶の特産地として知られる地域。19世紀初頭までビルマ(ミャンマー)の領土だったため、今も東南アジア的な文化を残すエリアです。 ちなみに、隣接したアルナーチャル・プラデーシュは1948年に、ナガランドは1963年に、メラガヤは1977年に、ミゾラムは1987年に、それぞれアッサムから分離した州です。

斜めにしたY字のような地形を持つアッサムは、地域により、先住民によって異なる文化を持っていますが、大まかには上部(北部)と下部(南部)に分かれ、上部は中国や東南アジア、下部はマスタードオイルを使うなどベンガルの影響を受けています。年間を通して降雨量が多いため稲作が盛んで、保存食の発酵食品も発達しています。新鮮や野菜や川魚のほか、ダックの料理がポピュラーで、他に豚や鳩の肉も食べるなど食のタブーはほとんどありません。また、アッサムは希少植物を含むハーブや薬草の宝庫であり、3000種以上が自生しています。

最近では、アッサム・ターリという、ごはんと、油が少なくハーブたっぷりで、野菜やさといも、レンズ豆やたけのこなどのおかずを供した伝統的な食事は、ヘルシーで、インド国内や欧米でひそかに注目されているとか。代表的な料理は、ピクルスやたまねぎ入りの炊き込みご飯ポイタバット、魚スープのテンガ、朝食のスナック、ジョルパンなどです。

タイトルとURLをコピーしました