e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » タイ料理レシピ集 » エビのすり身とココナツのタロイモ包み揚げ

タイ料理レシピ集

 エビのすり身とココナツのタロイモ包み揚げ 
Kang-Kao Pueak

表面はこんがり、中はやわらか。きゅうりの甘酸っぱいたれをつけて食べる、
おいしいお料理です。  


【材料】
●衣
小麦粉 1/2カップ
塩 小さじ1/2
油(ベジタブル系オイルが望ましい) 小さじ4
バター 小さじ4
砂糖 小さじ4
タロイモ*(20分蒸してやわらかくなったものをつぶしておく) 1カップ

●具
くだいた乾燥ココナツ(白いもの) 1カップ
えび(すり身) 1/2カップ
コリアンダーの根とペッパー(すりばちですっておく) 小さじ1
カフィアライムリーブズ(バイマックル~こぶみかんの葉)細かく切ったもの 小さじ1
油(ベジタブルオイル系が望ましい) 小さじ1
砂糖 少々
塩 少々
オレンジ色の着色料 小さじ1/2

●ソース(以下のものを混ぜて作ります)
赤とうがらし(みじん切りにしたもの) 2こ分
シャロット(小たまねぎ) 皮をむき、みじん切りにしておく 1こ
塩 大さじ1
ビネガー(タイのビネガーが望ましい) 大さじ4
砂糖 大さじ2
きゅうり(小さめのもの) スライスして1切れを4等分くらいにしておく 1本
【作り方】
1.小麦粉とタロイモ、バター、砂糖、塩、油を混ぜ、なめらかになるまで軽くこす。
2.1で三角形の立方体を作る。
3.なべに油を入れて熱し、コリアンダーの根とペッパーといっしょに、えびのすり身を炒め、さらに
  砂糖と塩を加える。さらに、カフィアライムリーブズを加えて、よく混ぜる。
4.3の火を止め、常温で冷ます。
5.2の中に3を詰めて、三角形の立方体を作り、きつね色になるまで油で揚げる。
6.きゅうりのソースを用意して、できあがり(つけて食べる)。

料理名にある「Kang-Kao」は、タイ語で「こうもり」の意味だそうです。
*タロイモ:熱帯地方でよく食べられるいも。さつまいもで代用可能とのことです。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行エッセイスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、食を通じた国際交流と平和、相互理解への貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)
「日本的洋食」(上記著書の中国語版。健行文化 2019)

プロフィール詳細


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」