e-food.jp » 世界料理ブログ » フランス料理 » オリヴィエ・ブラン?フードフランス|ブルターニュ
2007年12月07日

オリヴィエ・ブラン?フードフランス|ブルターニュ

foodfrance_bre_main.jpg

そば粉を使った料理の数々

【表参道】2008年版ミシュランガイドで1つ星を獲得した「ブノワ」で開催された、フードフランス第4回のオリヴィエ・ブラン(ブルターニュ)のランチに行ってきました。

ブルターニュの西端の海辺の村でおばあ様が始められた小さなレストランを引き継ぎ、ミシュランの星付きレストランにまで成長させたブラン氏のお料理は、とっても独創的。ブルターニュの名産そば粉を料理やデザートを駆使し、意外な食材の食べ合わせを楽しむというものでした。

上写真はメインの「豚バラ肉のキャラメリゼと貝類、なめらかなクリームのグラタン」。洗練された盛り付けなのに、豚肉の味わいはどこか田舎料理風という、不思議なギャップを楽しませていただきました。

foodfrance_bre_zensai.jpg
foodfrance_bre_zensai.2jpg.jpg

前菜の手長海老のラヴィオリ、リンゴのピュレ、フォワグラと、ホタテ貝、ブーダンノワール、柑橘類のコンディマン、アンディーヴのコンフィ。ブルターニュの特産品リンゴを用いている。シェフより、これとこれの食材の食べ合わせを楽しむようにとの指示(?)が出た。

foodfrance_bre_bread.jpg
foodfrance_bre_dessert.jpg

そば粉入りのパンがとっても美味。デザートの盛り合わせ(アイスクリーム、マカロン、ヨーグルト、そしてブルターニュ生まれのクレームブリュレ)もそば粉のオンパレードで、クセのある味わいは、好き嫌いが分かれそうだった。私はおもしろい!と思ったが...。


食後、ブラン氏からお話をうかがう機会があり、「日本に進出したい」なんていっておられましたっけ。優等生的なお店が多い中、こんな個性的なフレンチをいただける店が東京に1軒くらいあってもおもしろいかも、なんて思いました。


ブノワ・東京
渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 10F
Tel. 03-5468-0881
http://www.benoit-tokyo.com/

■営業時間:ランチ 11:30-14:30(LO)
        カフェ ブノワ 11:30 - 22:00pm(LO)
        ディナー 17:30 - 22:00(LO)
■定休日:無休



拡大地図を表示




profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。 雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:



世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム