e-food.jp » 世界料理ブログ » コロンビア料理 » 南米コロンビア・グルメフェア|ヒルトン東京|新宿
2011年08月07日

南米コロンビア・グルメフェア|ヒルトン東京|新宿

colombiafair_obje.jpg

コロンビアからシェフが来日

【新宿】ヒルトン東京ホテルのレストラン「チェッカーズ」で8月3日から7日まで開催された、現地シェフによる南米コロンビア・グルメフェアのランチに行ってきました。

最近、治安が安定し、今年1月にはニューヨークタイムズ紙の「2011年注目の観光地」2位に選ばれたというコロンビア。今回のフェアは、コロンビアから2名のゲスト・シェフ、オマール・ムニョスさんと、女性シェフのディアナ・ソトさんを招へいし、コロンビアの伝統料理、家庭料理を紹介するという趣向。

コロンビアといえばコーヒーで有名な国ですが、料理はどんなもの?と、見ていきますと...。

colombiafair_soup.jpg
colombia_sancocho.jpg

さっぱりしたボゴタ風アヒアコ(鶏肉、じゃがいも、とうもろこしの煮込み)と、濃厚なシーフードスープのサンコーチョ。コロンビアの代表的なスープ。

colombiafair_dishzensai.jpg
colombiafair_dish0.jpg

左写真は、前菜の3種のセビッチェ。鯛、タコ、イカといった魚介類と赤や黄色のパプリカが色鮮やかで美しい。添え物はスライスしたバナナのフライ。

右写真は、インゲン豆、米、ひき肉、アレパ(とうもろこしのパン)、よく煮た豚肉を合わせたアンティオキア地方の名物料理というバンデハ・パイサ

colombiafair_dish3.jpg
colombia_tirapia.jpg

左写真はビュッフェのコロンビア料理いろいろ。上から時計回りで、肉と魚介のリゾット(Arroz Caldoso del Pacifico)、ポークの腕煮込み(Huesos de Marrano)、ローストラム、肉入りキャッサバの揚げパン、エンパナーダ(ピーナッツ風味のミートパイ)、アレパ(チーズ入りとうもろこしパン)、パタラスカ(Patarashca。ティラピアのバナナの葉包み焼き)。

右写真はパタラスカのバナナの葉を開いたところ。

colombiafair_dessert1.jpg
colombiafair_dessert2.jpg

ビュッフェのデザート盛り合わせ。キャッサバのタルト(Enyucado。楕円形の容器に入った白いお菓子)やチーズパンケーキ(Torte de Almojabanas。黄色い小さなパン)などコロンビアのお菓子も。左写真はアンデスベリームース(Mousse de Mora)。


久々に出かけた、ヒルトン東京ホテルの各国料理フェア。ホテルのレストラン料理ということで、どれも甘すぎたり、脂っこすぎたりせずに洗練されていて、おいしかったです。メニューも豊富でしたし。

とうもろこしやキャッサバといった素材の味がいかにも南米らしく、コロンビア・コーヒーもおかわり自由。エメラルドとエル・ドラードの国・コロンビアの雰囲気をしばし楽しむことができました。



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、調理師のためのハラール研修有識者会議委員(厚生労働省国庫補助事業)、全日本司厨士協会&WORLDCHEFS会員、世界の料理レシピ・ライブラリー&サロン運営。

雑誌記者等を経て、2000年に世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。エッセイスト、レシピ開発者、講師、シェフ等として活動。世界各地で取材した郷土料理の魅力を広め、食を通じた国際理解の啓蒙を目指す。

■著書:「世界の郷土料理事典」(誠文堂新光社 2020)
「日本的洋食」(中国語。健行文化 2019)
「日本の洋食~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)
「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本的洋食」(上記著書の中国語版。健行文化 2019)

プロフィール詳細

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:



世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム