e-food.jp » 世界料理ブログ » ■催しもの , パキスタン料理 » パキスタンのイベント「サラーム・バザール」
2006年09月11日

パキスタンのイベント「サラーム・バザール」

salam_kanban.jpg

雑貨や料理でパキスタンを紹介

9月10日に代々木公園で開催されたパキスタンのイベント「サラーム・バザール」に行ってきました。

このイベントは、パキスタン大使館や外務省の後援により、日本国内とパキスタンで古着や毛布などのリサイクル(リユース)事業を行い、パキスタンのカラチ市内のスラム地域にある無料の学校「アルカイールアカデミー」の自立運営を支援しているNPO法人JFSA(日本ファイバーリサイクル連帯協議会)が主催。そのため会場では、古着を中心にしたリサイクルショップが、たくさんお店を出していました。

salam_shop.jpg
salam_shop2.jpg

会場では、雑貨販売やヘナアートに加えて、パキスタン料理のブースも出店。同会場で恒例の"タイ・フェスティバル"や"ナマステ・インディア"に比べるとこじんまりとしている上、知名度はまだまだこれからといったところで、大混雑はしていませんでしたが、会場を包む、パキスタンのカレーや、その場で焼いたタンドリチキンの香ばしい匂いが、通りがかりの人をも引き寄せていたよう。ふだんあまりお目にかかれない在日パキスタン人の方々が集い、和やかに過ごされていたのも印象的でした。



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。 雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム