2007年01月22日

スパイスマジック・カルカッタ 南口店|インド料理|西葛西

spicemagic_meals.jpg

手ごろな南インド料理ランチ

【西葛西】IT技術者らのインド人コミュニティがあることでマスコミでも話題になった、江戸川区西葛西にあるインド料理店。

2006年8月にオープンしたこちらのお店では、ドーサやサンバル、ラッサム、ワダといった南インドの定番料理と、ドリンクがセットになったランチが、950円1250円(値上げされました)(750円の?もっと安いセットもある)とお手ごろ価格いただけます。

同駅の北口には、北インド料理を提供する本店があります。両店のオーナーを務めるのは、1981年に紅茶の輸入販売業のために来日し、現在は「江戸川インド人会」の会長でもあるジャグモハン・S・チャンドラニさん。いずれもインド本国のお客さんを意識して開いたお店ですから、味は本格派。北口に北インド、南口に南インドと狙ったのかどうかは、チャンドラニさんのみぞ知るところです(笑)。

spicemagic_masaladosa.jpg
spicemagic_northindia.jpg

マサラドーサの中身。じゃがいもの具がたっぷり入っている。インドの方々の食べ方を見ていると、まず、おせんべいのようなアプラムを片手でこなごなにしてライスに乗せ、カレーやチャットニーと混ぜていた。指先を使っていろいろな味を混ぜながらいただくと、スプーンを使うよりもさらにおいしく感じるのだそう。

右写真は、同店の北インドのランチセット(カレーはこってりの海老カレー)1100円。並べてみると、同じカレーでも、北インドと南インドの違いがよくわかる。

spicemagic_shop.jpg
spicemagic_shop2.jpg

左写真は南口店。25席ほどのこじんまりとしたフロア。日曜のランチタイムには、インド人、日本人のお客さんがひっきりなしに訪れていた。

右写真はもともとあった北口の本店。2階にインド食材店があり、また近所には「シャンティ紅茶」(日曜休業)や、長期・短期滞在宿の「シャンテイ・ゲストハウス」といった関連店・施設も。この界隈のインド人在住者は現在約1000人。ほとんどがIT系職業に従事する、インテリな中流?上流の人々。多いといっても、道行く人が右も左もインド人ということはさすがにまだないが...(笑)。

現在、西葛西には、インド料理店が3軒(先の2軒と、ネパール系インド料理店がもう1軒)ある。隣駅の葛西にも何軒かのインド料理店があり、 江東区の森下にはインド人学校が開校している。コミュニティがさらに成熟したら、ニューヨークのインド人街のように、インド専門の映画館やサリーショップも出現するかも?

----------------------------------------------------------

ミールス(定食)スタイルの南インド・ランチには、お皿からはみ出してどーんとついてくる特大クレープのようなドーサが。プレーンまたはマサラドーサから選ぶことができます。

今回はマサラドーサの方を選んでみました。中にスパイスで味付けしたじゃがいもの具がたっぷりと入った、これだけでもおなかが一杯になるような一品です。

ほかに、ほどよい酸味が食欲をそそるスープのラッサムや、あっさりマイルドなスパイスで食べやすい、南インドの代表的な野菜&豆カレーであるサンバル...。肉類を一切使っていないのに、食材に工夫があっておいしくいただけ、胃にもたれない、やさしい口当たりに満足しました。ダイエットしたい女性や、好奇心旺盛なシニアの方に特におすすめしたいです。

南口店では北インド料理も提供していました。日本人、インド人のお客さんで満杯の店内で、日本人のお客さんは、北インドのランチセットを頼んでいる人が多かったよう(南インドのメニューは英語のみでした)。

南インド料理は一般の日本人にはまだまだ普及していないのかもしれませんが、日本とインドの家族連れが席を並べて食事を頬ばるほほえましい風景は、インド人の暮らす街ならではのもの。西葛西の界隈には現在、約1000人のインド人の方が住んでいるそうですが、こんなシチュエーションだったら、南インド料理も、北インド料理と同様、そのうち日本人の間にもっと広まるかもしれませんね。

参照
インド料理について
毎日新聞夕刊に江戸川インド人会開催のお祭りに参加した記事が掲載されました(江戸川総合人生大学)
インド人街・西葛西、カレーの香りも溶け込んで...(夕刊フジBLOG)

--------------------------------------------------------------

スパイスマジック・カルカッタ 南口店
江戸川区西葛西6-24-5
Tel. 03-3688-4817

■営業時間 Open: 11:00-14:30、17:00-21:30
■定休日 Close: 無休

※南口店のランチは、西葛西駅付近や、北口の本店の店先に置いてあるタウン情報紙「アエルデ」の葛西・西葛西版についているお店のクーポンを持参すると、ランチタイムでもデザートのおまけがついたり、いいことがあるようですよ。お出かけ前に見かけたらチェックを。

--------------------------------------------------------------


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

医食同源さん、コメントと情報をありがとうございます。
値上げされてしまいましたが...。お米はほしいですよね。

割引クーポンがついているかもしれないアエルデを探してみようっと(^^;。

  • 2007年02月20日 14:25

残念!
今月からランチメニュー変更です。
全部入りからライス、アプラムを抜いた内容で¥1080でした。
依然、コストパフォーマンスは良いですが、なにしろ元が元だけに…
でも椀子サンバルはがっちり頂きました。これは満足&満腹!

ドーサセットとしてはワダ、イドゥリよりもバスマティライスとアプラムを希望します。(途中でやっぱり米が欲しくなりました。)

  • 医食同源
  • 2007年02月16日 00:21

はぴいさん、コメントをありがとうございます。
北口もきっとおいしいのだろうなぁ、と思いましたが、やっぱり行く価値がありそうですね!チーズナン、ぜひ食べてみたいです♪

  • 2007年01月24日 11:58

ゆかりんさん、コメントをありがとうございます。
安くておいしくて本格派とは、さすが、インド人の方が多く暮らす街だけありますよね。機会があればぜひ訪ねてみてくださいね。

  • 2007年01月24日 11:57

マサラドーサがとても美味しいですよねえ。
サンバルも優しいお味でよかったです。
ミントのチャトニを別で出してくれたところが感激!です。
とても美味しくて満足でした。

以前北口店で食べたチーズナン(パニールが入っていて、表面に蜂蜜を塗ってある!)の美味しさに卒倒しました。
南口にやっとこれてうれしかった!です。


 この値段で、ここまで食べられるんだ!と写真をみて驚きましtた。

西葛西は家からは遠いんだけれど、お世話になった方が住んでいる場所なんですよね。久しぶりに訪ねて、一緒に行っちゃおうかな。

  • ゆかりん
  • 2007年01月23日 14:00

ゆんさん、コメントをありがとうございます。
カルカッタ駅南口?とも読めますよね。まさになんやねん。

スープカレーの方は、"マジックスパイス"みたいですけど、似ていてややこしいですねー。

http://www.magicspice.net/

  • 2007年01月23日 11:30

スパイスマジックというスープカレーのお店(実在します)のカルカッタ南口店かと思いました。なんやねんそれ(笑)。

  • ゆん
  • 2007年01月22日 18:41

トラックバックURL:

» カレーですよ319(西葛西 スパイスマジック カルカッタ) from 40歳おとなこどもはどこに行く!?(カレーですよ。)
久しぶりの小遠征。 東西線、実は中央線直結で、結構千葉方面は楽々です。真っすぐ中央線で行っても、東西線で海沿い行っても、、 カレーですよ。 ...

トラックバック時刻: 2007年01月24日 11:45

» No.626 Spice Magic Calcutta (スパイスマジック・カルカッタ) 南口店 from CDET!! (Curry Delicious Ecstasy Trance)
こんばんは、curryvaderです。 それぞれの日常。 私は毎日カレー食べてて、 さらに毎日カレーを食べている人たちと一緒にカレーを食べているの...

トラックバック時刻: 2007年01月28日 00:13


この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内