e-food.jp » 世界料理ブログ » エチオピア料理 » アディス|エチオピア&インターナショナル料理|都立大学
2010年12月08日

アディス|エチオピア&インターナショナル料理|都立大学

addis_wat.jpg

大使館員御用達の店

【都立大学】アメリカ大使館でシェフを務めた経験のあるエチオピア人のオーナーシェフ、セイファさんのレストラン。お国のエチオピアを含むインターナショナルな料理を提供する、おしゃれで洗練されたお店です。

上写真は、エチオピアのスパイシーな仔羊のシチュー(ドロワット)。スパイスの種類はシンプルながら、丁寧に作られていて、とてもおいしくいただけました。ピタパンが付いてきますが、せっかくなので、エチオピアの主食であるインジェラをお願いしました。

addis_injura.jpg
addis_nama.jpg

左写真は白いインジェラ。クセもなくおいしい。右写真は、エチオピアらしい料理ということで、特別に出していただいたキットフォー(Kitfo)という、スパイシーな牛肉の生肉料理。ちょっと驚いたが、ユッケの香辛料和えといった感覚で食べられる。

addis_kebab.jpg
addis_coffee.jpg

左写真はセイファさん流のケバブ。ボリュームもたっぷり。右写真はエチオピアのコーヒー(アラビカ種)。そういえば、コーヒーの発祥地はエチオピアだった。他にエチオピアのコーヒーといえばモカが有名。現地では、日本の茶道のお手前のように儀式的にコーヒーを淹れて、客人にふるまう。

addis_chef.jpg
addis_shop.jpg

オーナーシェフのセイファさん。ホスピタリティあふれる温かい笑顔がチャーミング。お料理はどれも手間をかけて作っているのがわかる。お店は、東急東横線・都立大学駅南口からまっすぐ延びる道を5分ほど歩いたところ。


東京にあるエチオピア料理レストランというと、他には中目黒の老舗「クィーン・シーバ」や、赤坂の「サファリ」(こちらは他のアフリカ料理も提供)がありますが、こちら「アディス」のドロワットやインジェラは、盛り付けがぐっと洗練されていて、味もピカイチです(ドロワットやインジェラの食べ比べなんて、かなりマニアックなのですけれど、ね...(笑)。

インジェラは、エチオピアでポピュラーな雑穀テフの粉を使っていて、もっと灰色っぽいものが多く、独特の酸味を嫌う人が少なからずいるようなのですが、こちらのインジェラは、色が白く、酸っぱさやクセがほとんどありません(小麦粉を混ぜているのかも)。おいしいふわふわのクレープのようです。実は現地のインジェラにはいろいろな種類があり、すべてが、よく言われる「雑巾を絞ったような味」ではないのだとか...。

とはいっても、こちらでは普段のエチオピア料理のメニューはごく一部。大半はパスタやニョッキといったイタリアンや、ケバブ、ひよこ豆のディップ(フムス)といった中東料理が中心です。アメリカ大使館のシェフ歴がおありというだけに、カリフォルニアのフュージョン料理をも思い出させます。「国にこだわりなくおいしい料理をお出ししたい」というセイファさんの方針とのことで、ディープなエチオピア料理にワンクッションを置いて、驚かすことなく(笑)、幅広い友人を連れて行けそうです。

シェフの腕前と、そんなコンセプトのためか、聞くところによると、エチオピア大使館員のもっともお気に入りのお店なのだとか。高級感のあるおしゃれな空間は、接待にもふさわしそうですし、ね。

ちなみに店名のアディス(ADDIS)は、エチオピアの言葉アムハラ語で「新しい」の意味。エチオピアの首都アディスアベバは「新しい花」という意味です。

参照
エチオピア料理について


アディス ADDIS
東京都目黒区中根2-3-15 2F
Tel. 03-6421-4302
http://addiscafetokyo.com/

■営業時間:11:30-23:00 土・日・祝10:30-23:00
■定休日:無休



大きな地図で見る



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。


著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:



世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム