e-food.jp » 世界料理ブログ » ■催しもの » ダッチオーブンで簡単イタリアン
2006年12月19日

ダッチオーブンで簡単イタリアン

hidakachef_esharot.jpg

日高良実シェフの料理講習会

西新宿の東京ガスショールームで行なわれた、「ピピッとコンロ+do(プラスドゥ)」をを使った、広尾の人気イタリア料理レストラン「アクアパッツァ」日高良実シェフによる料理講習会にうかがってきました。

「ピピッとコンロ+do」は、かのパトリス・ジュリアンさんがプロデュースした東京ガスの新製品。ダッチオーブン(+doのdoはダッチオーブンの略)が付いて、350度もの高温で調理できる、水なし両面焼きグリルが評判です。

というわけで、このダッチオーブンを使った日高シェフによる簡単イタリアン"エシャロットの粗塩オーブン焼き"(上写真)を体験。粗塩を敷いたダッチオーブンにエシャロットをまるごと並べ、ハーブを乗せて焼くだけ。まさに手間要らずなのに、素材の味が生きたとってもおいしい料理でした。

hidakachef.jpg
hidakachef_tako2.jpg

イタリア料理に造詣が深く、笑顔がステキな日高シェフの、一流のプロならではのレクチャーが魅力的だった。左写真は、もうひとつの簡単イタリアン"真ダコとジャガイモのニンニク風味ソテー"。身近な食材が、ひと工夫のコツだけで見違えるほどおいしくなり、驚いた。

-----------------------------------------------------------

ダッチオーブンを室内で使うのを見るのも、今回初めてだったのですが、これは、火力の強いガスでないとできない調理。日高シェフのお店の厨房でもピピッとコンロが活躍されているそうで、料理好きなら、IHよりも断然、ガスですね!

キッチンを新調するときがきたらぜひ購入したいなぁ、なんて夢見ています。

東京ガス・ショールームの料理教室スケジュール



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、調理師のためのハラール研修有識者会議委員(厚生労働省国庫補助事業)、全日本司厨士協会&WORLDCHEFS会員、世界の料理レシピ・ライブラリー&サロン運営。

雑誌記者等を経て、2000年に世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。エッセイスト、レシピ開発者、講師、シェフ等として活動。世界各地で取材した郷土料理の魅力を広め、食を通じた国際理解の啓蒙を目指す。

■著書:「世界の郷土料理事典」(誠文堂新光社 2020)
「日本的洋食」(中国語。健行文化 2019)
「日本の洋食~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)
「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本的洋食」(上記著書の中国語版。健行文化 2019)

プロフィール詳細

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:



世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム