e-food.jp » 世界料理ブログ » ■エスニックタウン , ■海外旅行 » ニューヨークのエスニック・レストラン
2005年11月22日

ニューヨークのエスニック・レストラン

russia_ny.jpg
3年ぶりにニューヨークを訪れ、こちらでもエスニック=各国料理レストランめぐりをしています(笑)。

今回は少し、滞在日数に余裕ができたので、ブルックリンやクィーンズ、ブロンクスに足をのばしてエスニック・タウンを巡りながら、いろいろな国のレストランを訪ねてみたいと思っています。

移民の国アメリカの表玄関としても知られるニューヨークですが、マンハッタンを離れると、そのスケールの壮大さと、歴史に裏打ちされた奥深さが、さらによくわかりますね。「マンハッタンだけを見てニューヨークを語るなかれ」。本当にその通りだと思います。

ニューヨークにはもちろん、珍しい国のレストランがたくさんありますが、ボスニア、アルバニアなど、内戦の母国から逃れてきた人々が開いたお店も少なくありません。

古くはアイルランドのポテト飢饉や、ロシアのユダヤ人迫害の時代から、国を出なければならなかった人々を受け入れてきた歴史が、今も続いているんですね。世界情勢がそのままレストラン事情に反映されていることを知るのは、ニューヨークでエスニック料理店めぐりをするおもしろさのひとつです。

さて今日は、ブルックリンのロシア人街、ユダヤ人街を巡り、アラブ人街でイエメン料理を、また、カリビアンの街でトリニダード料理をいただいてきました。トリニダードトバゴは来年のワールドカップ出場が決まったばかりですから、国旗を掲揚して、ひときわ誇らしげでしたね。

明日はクィーンズ、あさってはブロンクスを訪ね、新たなエスニックゾーンを探索してきます。詳しくは帰国後にリポートしますね。



profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。 雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

NYに住んでいますが、つい先日までアルバニアレストランがあるとは知りませんでした・・・。

  • たまねぎ
  • 2005年11月28日 12:47

トラックバックURL:

この記事のURL:



世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム