2011年06月10日

ビサン|パレスチナ料理|十条

bisan_mansaf.jpg

日本人になじみやすいアラブ料理

【十条】2011年1月に十条中央通商店街(演芸場通り商店街)にオープンした、こじんまりとした中東・パレスチナ料理の店。パレスチナ人シェフのマンスール・スドゥキさんが腕を振るいます。

西川口の「グリーングラス」と、神田の「アルミーナ」、そして十条のこちらのお店で、現在、首都圏にはパレスチナ料理店が3軒...。ニューヨーク、パリに勝るとも劣らぬほど、東京の各国料理レストランのバラエティさ・地方ごとの細密さは、ますますスゴいことになっています(笑)。

bisan_flag.jpg

さて、お料理の方は、メニューにはボリュームたっぷりのマンサフ(上写真。"パレスチナ・チャーハン"とお店では説明。スパイスとソースがどこかケバブ風味)1000円やケバブ類ホンモス(ひよこ豆のペースト)やムタッバラ(ナスのオーブン焼き)...といったアラブ料理の定番がズラリ。

マイルドな味わいのアラブ料理は日本人に意外となじみやすいと思うのですが、こちらでは明太子パスタのようなさらに日本人受けしそうなオリジナルメニューが用意されていて、アラブ料理初挑戦の方でも敷居が低くて、緊張感がほぐれるかも?

ソフトドリンクは普通の日本のカフェ等のメニューと変わらないのですが、パレスチナのタイベビール、パレスチナ産ワインといった現地のお酒メニューがなかなか充実していて、さらにパレスチナの旗や地図、故アラファト議長の写真(上写真)などが飾られているところ等が、パレスチナなムードをさらに盛り上げてくれるはずです(笑)。ほかにシーシャ(水たばこ)のサービスや週2日のベリーダンス・ショーも。

bisan_baba.jpg
bisan_hummus.jpg

アラブの定番家庭料理ムタッバラ(ナスのオーブン焼き)750円と、ホンモス・マ・ラッハマ(ひよこ豆のペーストの焼きレバー乗せ)1100円。前者はトルコ料理店などでけっこうおなじみになったメニューだが、後者は日本ではなかなか見かけない珍しい料理。コク味のあるホンモスと、マイルドなスパイスの味付きレバーの組み合わせがとてもおいしい。両者ともピタパンにつけていただけば、ちょっとした食事に。

bisan_okra.jpg
bisan_baklava.jpg

パーミヤ(オクラのトマト煮込み+ごはん)1300円と、デザートのバクラワ300円。前者もパレスチナの定番料理で、ピリ辛く、たっぷり入ったオクラのネバネバ感がいかにも体によさそう。デザートはほかに、スドゥキさんの好みでチョコレートのお菓子が充実。コーヒーやお茶は残念ながらアラブ式ではない。

bisan_mansulu.jpg
bisan_shop.jpg

まだ20代と若くて男前、気さくなお兄さんという感じのオーナーシェフのスドゥキさん。小さいながらも"城"である自分のお店を持つようになり、張り切っておられる様子がわかる。

古くからある日本の商店街の中で、ひときわ目立つ店構え(右写真)。看板もフロア装飾もすべて手作りだという。オーナーの愛着あふれるお店なのだ。


店名の「ビサン(Bisan)」は、パレスチナの地名とのこと。来日6年目で日本語も堪能なスドゥキさんとは別のパレスチナ料理店で顔なじみだったのですが、今はご自分のお店を持たれて、とてもうれしそう。

大衆演劇を上演する近所の篠原演芸場の年配のお客さんがときどき立ち寄られたり、周囲から異彩を放つ(?)物珍しさゆえか、すでに常連さんも少なからずおられるとか。東京・下町の昔ながらの商店街に溶け込み、人情あふれる地元らしさをすでに満喫されているようでした。

参照→パレスチナ料理レストラン・リスト



大きな地図で見る

ビサン Bisan
東京都北区中十条2-21-1
Tel. 03-5948-5711
http://www.bisan.biz

■営業時間:12:00-14:30、17:30-翌1:30
■定休日:水


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内