e-food.jp » ハイライト > ユリキータの日本料理食べ歩き > 宇都宮の餃子

日本国旗 ユリキータの日本料理食べ歩き


宇都宮の餃子(宇都宮)



宇都宮の餃子屋横丁(?)


人気の店「みんみん」。大変な行列。
ギョーザは中国で誕生した食べ物だけど、日本でも人気があるのよ。

中でも栃木県の宇都宮は、日本一ギョーザの消費率が多いんですって。何でも、市民が一丸となってギョーザの消費に貢献しているそうよ。あちこちにギョーザ屋さんを見かけたわ。

それに、とっても安いの。1皿170円くらいで食べられるのよ。さすがに肉よりも野菜が多かったけれど、ギョーザのおいしさって具よりも、焼き方で決まるのよね。

「正嗣(まさし)」というお店では、おいしいギョーザの焼き方について次のように説明していたわ。「フライパンに油を多めに強火で焼く。できれば植物性の油がいい。こげ目がついたら、フライパンに熱湯を注ぎ、ふたをして蒸す」。なるほど、カリカリしつつも、ふっくらしていてグーだったわ。みなさんもためしてみてね。(3/29/00)


JR宇都宮駅前の「餃子像」。北朝鮮の金日成像のような巨大なギョーザ像がどーんとそびえているのかと思ったら、意外とこじんまりとしたものだった(笑)。

これを見て、妖怪の「ぬりかべ」を思い出した。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、調理師のためのハラール研修有識者会議委員(厚生労働省国庫補助事業)、全日本司厨士協会&WORLDCHEFS会員、世界の料理レシピ・ライブラリー&サロン運営。

雑誌記者等を経て、2000年に世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。エッセイスト、レシピ開発者、講師、シェフ等として活動。世界各地で取材した郷土料理の魅力を広め、食を通じた国際理解の啓蒙を目指す。

■著書:「世界の郷土料理事典」(誠文堂新光社 2020)
「日本的洋食」(中国語。健行文化 2019)
「日本の洋食~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)
「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本的洋食」(上記著書の中国語版。健行文化 2019)

プロフィール詳細


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」


  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム
  • 国旗弁当
  • 日本の郷土料理食べ歩き
  • 世界のエスニックタウン
  • シルクロードの料理