Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『日本の洋食』の中国語版が出版されました

食に関心の高い台湾より

e-food.jp代表・青木ゆり子の著書『日本の洋食 洋食から紐解く日本の歴史と文化』の中国語版が、この5月に台湾(健行文化)で出版されました。

表紙も日本版と比べてかなり変わっています。ヨコスカネイビーバーガーが台湾の方々にとってはツボだったようで(笑)。

ところで、台北にも「波麗路」(ボレロ)という日本統治時代から続く老舗洋食店があるそうです(台湾在住ご経験者の方からの情報)。こちらは個人的にぜひ訪ねてみたいと思っています。

『日本の洋食』はミネルヴァ書房のニッポン再発見シリーズの一環なのですが、台湾は親日家が多く食への関心の高いということなのか、翻訳から出版まで通常1年かかるところを3か月足らずという異例のスピードで出版にこぎつけたと報告を受けております。

台湾の方々にも日本の洋食の奥深さを知っていただき、その魅力を共有いただけたらうれしく思います。

Yurico AOKI
青木 ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青木ゆり子の活動報告e-food.jpからのお知らせ
Sponsored Link
シェアする
e-food.jpをフォローする
世界料理ブログ