Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

港区ワールドカーニバル(東京タワー)に参加

ご近所感覚のなごやかな国際交流

東京タワーで開催された「港区ワールドカーニバル」に行ってきました。

このイベントは、1月から開催されていた港区にある大使館が協力した「港区ワールドフェスティバル」の集大成になるもの。20以上の各国の大使館による料理や民芸品ブースが軒を並べました。

代々木公園のような大規模な会場ではありませんが、アフガニスタンやカタール、ミクロネシア、マダガスカル、コスタリカ、ボスニア・ヘルツェコビナなどなど多くの参加大使館のご近所ということで、各国大使の姿もちらほら見かけました。

大使館シェフによる各国の珍しい郷土料理を提供するブースもあったりして、料理の質の高さはさすがでした。港区と大使館が主体になったイベントのため、あまり営利に走らない清々さがいい感じです。

今日は、ちょうど桜が満開の気持ちのいい天気のもと、ほどほどの混雑で、心地よくなごやかな国際交流を楽しませていただきました。


↑この日は桜が満開でした。


↑出展大使館リストです。



↑民族衣装姿のウクライナ・コミュニティのみなさん。ブースでは復活祭のお菓子も。


↑アフガニスタン大使館ブースの揚げたて「ボラニ」。


↑マダガスカル大使館の珍しいマダガスカル・ワイン。


↑マーシャル諸島はまぐろとココナッツミルクの「コスラエスープ」。


↑カタール大使館も珍しいカタールの料理を。

Yurico AOKI
青木 ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青木ゆり子の活動報告
Sponsored Link
シェアする
e-food.jpをフォローする
世界料理ブログ