Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セルビア大使館でのパーティーでシェフ&テーブルコーディネート

大使館でのパーティーのテーブルをトータル演出

3月20日にセルビア共和国大使館で開催された日本セルビア協会さんの総会・懇親会で、今年もシェフとしてセルビアの郷土料理を作らせていただきました。

メニューは、ひき肉のグリルのチェバプチチと、パプリカのペーストのアイバル、フォカッチャ風のセルビアのパン(ソムン)、豆とソーセージのキャセロール煮込みのプレブラナツ、フェタタイプのチーズをたっぷりトッピングしたショプスカサラダ、デザートのセルビア産ラズベリーを使ったケーキと、100%くるみで作ったノングルテンのクッキーのオラシュニッツァなどです。

セルビアらしさと、桜の花が咲き始めた時期をモチーフにした、ふんわりと優しく春らしいテーブルコーディネート、フラワーアレンジメントも自前で。パーティーのテーブルでのおもてなしは、料理だけでなくトータルの演出が大切だと実感します。

後日、日本セルビア協会さんの方に「料理がおいしかった」とわざわざ電話をくださったご参列者もおられたらしく、ホッとしております。これからも料理でセルビアを広く知っていただくお手伝いができれば幸いです。


↑セルビアのネナド・グリシッチ大使閣下、アシスタントをしてくださったババホジャエヴァ・オルズグルさんと。

Yurico AOKI
青木 ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青木ゆり子の活動報告
Sponsored Link
シェアする
e-food.jpをフォローする
世界料理ブログ