Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ポーランド・ワルシャワのクリスマスマーケット&郷土料理

旧市街のメインストリートが歩行者天国に

クリスマスを間近に控えたポーランドの首都ワルシャワを訪ねました。毎日、どんよりとした曇り空が続く天気ながら、華やいだクリスマスツリーやクリスマスマーケットなどから人々のウキウキした気分が伝わってくるようです。クリスマスの当日に近づくとワルシャワ旧市街のメインストリートは歩行者天国になり、イルミネーションがキラキラと輝きます。ショパンのメロディーなども聞こえてきてすてきなムードいっぱいです。

ワルシャワでは、目の前がワルシャワのランドマークである文化科学宮殿という、駅近でロケーション最高のキッチン付きアパートメントを借りまして、市場で買ってきたポーランド名物のピエロギをゆでてみました。具はきのことサワークラウトでした。

添え物のスメターナ(サワークリーム)は、ポーランドでは乳脂肪分がさまざまなパーセンテージで表示されています。上は30%から、下は12%とくらいと倍以上の差があります。

左にちらりと見えるのは、クリスマスマーケットで買った「オスツィペック」という羊乳チーズ。型の模様が雰囲気あるタトラ山脈地方の名産品で、保存のために施した燻製の味がします。グリルして、クランベリージャムを乗せて食べるのですが、これが最高においしいんです。ピエロギの方は、ゆでるほか焼いたものもよく売られています。

また、寒い冬のポーランドに欠かせないのが、酸味のあるライ麦スープの「ジュレック」。気持ちまでホカホカ温まる感じです。そして、しょうがやハイビスカス、スライスオレンジ、クローブ、ラズベリーなどを使い、ビタミンたっぷりで風邪にも効きそうなノンアルコールのホットジュース、ホットワインもクリスマスマーケットで売られていました。

こちらはポーランドの朝食です。ホテルのビュッフェにはポーランド料理コーナーがあり(上写真)、それだけを選んで食べていました(笑)。

また、旧市街にある1869年創業のカフェ「A.Blike」(下写真)でもポーランドの朝食をチョイス。こちらはポーランドのドーナツ「ポンチェク」を名物するお店で本当は朝食にも付くはずなのですが、クリスマスの時期は付けられない(厨房のオペレーションの関係だと思います)というのが残念。でも代わりのポーランドのケーキもおいしかったです。

Yurico AOKI
青木 ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海外の郷土料理を訪ねる旅ヨーロッパ
スポンサーリンク
e-food.jpをフォローする
郷土料理を訪ねる旅
タイトルとURLをコピーしました