南インド旅行記(2004年)7 エピローグ

南インド旅行記

南インドの魅力

インドの子供たち

穏やかな人々、マイルドな料理…。たった9日間の旅でしたので、えらそうに多くは語れませんが、ひとこと感想をいえば「南インドは意外と旅行しやすかった」でしょうか。

もちろん同行者のいた安心感もありましたが、人が穏やかで優しいし、北インドの観光地のようにしつこい物売りもほとんどおらず、快適に旅ができました。

ケララ州を含む南インドは、インドの中でも"どインド"というべき、生粋のドラヴィダ文化のお膝元。遺跡や観光名所は少ないけれど、その分、侵略の歴史の中でもまれたアーリア系の北インドとはちょっと違う、のんびりとした悠久のインドを垣間見ることができるんです。

私は、滞在中の9日間のほとんど毎日の朝昼晩、南インド式のベジタリアンのミールスばかり食べていましたが、体調を崩すことはなく、日本にいるときよりもかえって快調なくらいでした(北インドの脂っこい料理は、私は5日間で限界でした)。さすがアーユルヴェーダの本場!野菜&豆やスパイスって、やっぱりカラダにいいのですね。

カタカリダンス

地球って狭くなったんだなぁと実感するのは、インターネットの普及ぶりを目の当たりにする時です。ここケララでも、リゾートのコバラム、山奥のペリヤルともに、日本語対応のPCを置いたインターネットカフェがあり、通信に困ることはありませんでした。

さすが、インドのシリコンバレー、バンガロールに近いだけのことはある?「今、南インドいま~す」なんて、旅先から親しい人にメールを出して、驚かせたりしていました。

今回は短期滞在だったので、やり残したことがいろいろありました。ケララ州だけでも、海もあれば、高原もあり、湿地帯もあるというように、けっこう変化に富んでいるですよね。バックウォーターや、野生動物公園も体験してみたかったなぁ。

バナナ屋

もっと時間に余裕があれば、バスコ・ダ・ガマが上陸したカリカットや、ゴアまでぜひ行きたかったですね。ゴアはかつてヒッピーのたまり場としても有名だったようですが、ポルトガルとインドの文化がミックスした街で、キリスト教会が多かったり、料理にも特徴があるのだそう。

しかし、ケララで面白いと思ったのは、インド文化に、外来の文化がちょっと混ざっていること。宗教もヒンドゥー教徒だけでなくいろいろで、ヨーロッパのキリスト教徒、中東のイスラム教徒、ユダヤ教徒らが平和的に共存しています。

ワインもあるし、牛肉もオッケー…と、ヒンドゥーにしばられることなく、少なくとも表面的には自由な雰囲気。心洗われる思いとともに、インドは広いと、改めてかみしめたりしました。

ロンリープラネット最後に、これから南インドに行ってみたい方に、今回持参したガイドブックをご紹介します。

一番頼りになったのは、ロンリープラネットの"South India"と"Kerala"。インド全土版も出版されていますが、南インド版だけでもけっこうな厚さ。情報がぎっしり詰まっています。英語版ではありますが、これ以上のガイドブックが他になく、わかりやすいので、英語の苦手な方も慣れれば大丈夫じゃないかと。右も左もわからない土地では、まさにバイブルのように威力を発揮しますよ。

長い旅行記を最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

南インド旅行記TOPに戻る

タイトルとURLをコピーしました