Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Sponsored Link
アジア

韓国・全州郊外の田舎料理を訪ねて

韓国・全羅北道の国際交流諮問官でもある渡辺よしみさんが企画した、全州郊外の田舎料理を食べる旅に参加させていただきました。
NO IMAGE 海外の郷土料理を訪ねる旅

南インド旅行記(2004年)4 カニャクマリ

インド最南端・コモリン岬の日の出 カニャクマリは、インド最南端にあるコモリン岬のある町。ケララ州の隣のタミル・ナドゥ州に位置しています。 世の旅行好きには、"先端マニア"という、やたらと半島の先っぽに...
NO IMAGE 海外の郷土料理を訪ねる旅

南インド旅行記(2004年)3 コバラムビーチ

アーユルヴェーダ・マッサージを体験 コバラムは、外国人向けのホテルや、アーユルヴェーダのクリニックが軒を連ねる、インド洋に面した美しいビーチリゾート地。左の写真を見ると、のどかなインドの漁村のようですが、実はけっこう俗化された...
NO IMAGE 海外の郷土料理を訪ねる旅

南インド旅行記(2004年)2 トリヴァンドラム

インテリジェントなケララ州の州都 トリヴァンドラムはケララ州の州都。大きな町ではなく、観光的な見どころも特にありませんが、シンガポールからはシルクエアーが週3便、就航しています。 インド政府の方針で、ボンベイがムンバイ、マド...
NO IMAGE 海外の郷土料理を訪ねる旅

南インド旅行記(2004年)1 シンガポールのリトル・インディア

インドが凝縮したエスニック・タウン インドに行ってみたいけれど、遠いし、勇気ないわと思われる方は、まずシンガポールを旅してみることをおすすめします。 プロローグでも少し書きましたが、シンガポールには「リトル・インディア」とい...
NO IMAGE 海外の郷土料理を訪ねる旅

南インド旅行記(2004年)7 エピローグ

南インドの魅力 穏やかな人々、マイルドな料理...。たった9日間の旅でしたので、えらそうに多くは語れませんが、ひとこと感想をいえば「南インドは意外と旅行しやすかった」でしょうか。 もちろん同行者のいた安心感もありまし...
NO IMAGE 海外の郷土料理を訪ねる旅

南インド旅行記(2004年)6 コーチン

南インドの市場を探訪 鶏の品種・名古屋コーチンとはまったく関係のないと思いきや、実は深く関係している(※)インドのコーチンは、ケララ州の海岸にある、異国情緒あふれる街。 街には、インド最古のキリスト教教会をはじめ、500...
NO IMAGE 海外の郷土料理を訪ねる旅

南インド旅行記(2004年)5 ペリヤル 

スパイスの宝庫を訪ねて いよいよ、今回の旅のメインスポット、世界的に名高いスパイスの産地・ペリヤルです。 その昔、ポルトガルの航海者バスコ・ダ・ガマは、コショウを求めてヨーロッパを旅立ち、アフリカ大陸をぐるっと廻ってインドま...
Sponsored Link