Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

てこね寿司|三重県・伊勢志摩

mie_ise_tekonezusi

伊勢志摩の漁師料理が起源

てこね寿司は、伊勢志摩を代表する郷土料理。醤油ベースのたれにカツオやマグロなどの赤身の魚を漬け込み、酢飯の上に乗せて、細切れにした海苔や大葉、ショウガを添えた、漁師料理が起源といわれる食べ物です。

作り方はいかにもシンプルで、伊勢志摩のあちこちの食堂のメニューに見かけますが、素材勝負の料理なので、どうやら店はちゃんと選んだ方がよいみたい。「ドライブインなどの適当な店でてこね寿司を注文すると、失敗することが多い。伊勢うどん以上に店選びは慎重に」とは、地元の方のお言葉です。

mie_ise_sushikyu1

そんな教訓を胸に秘めて訪ねたのは、伊勢神宮の内宮近くのおはらい町通りにある「すし久」さん。てこね寿司に力を入れた「伊勢女衆の味」の店で、ちゃんと木のたらい桶に盛ったてこね寿司(赤だしの味噌汁やおしんこ、おかずなどが付いたセット1150円~)を提供してくださいます。

たいていのお店では、陶器のどんぶりにてこね寿司を入れてくるのですけど、たらい桶でないと豪快な漁師料理っぽくないし(笑)、フォトジェニックでもないので、何だか物足りない。という意味でも、こちらはポイント高し。価格は他店より高めですが、ロケーションよし、古式ゆかしい店内の雰囲気もよし。そして何よりもカツオが新鮮でボリューム満点、ごはんもお米を吟味し、味付けがしてあっておいしく、満足いたしました。

タイトルとURLをコピーしました