Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宇和島鯛めし|愛媛県・宇和島

ehime_taimeshi

生の鯛を使った、ちょっとぜいたくな料理

黒潮の分流が北入する豊後水道は、関さばや関あじに代表されるように、潮流が早いために身が引き締まって脂の乗った魚が集まる、日本屈指のおいしい魚の宝庫。豊後水道の愛媛県沿岸に面した宇和島もまた、お魚好きには夢のような場所で(笑)、新鮮な魚があまりにも身近で手に入るため、この界隈で育った方はたぶん、東京のスーパーで売られているパック入りの魚を見たらがっかりされるのでは、などと余計なことを案じてしまいます。

そんな宇和島の魚料理の代表格である宇和島鯛めしも、新鮮な生の鯛を使った、ちょっとぜいたくな料理。豊後水道沿岸の四国、九州の各地には、熱いごはんにタレを混ぜ合わせたいろいろな生の魚を乗せて食べる漁師料理が見られますが(場所によって「ひゅうがめし」や「あつめし」、「りゅうきゅう丼」と呼ばれる)、宇和島鯛めしもその一種で、鯛の身を三枚に薄くおろして、しょうゆ、みりん、生たまご、ごま、だし汁で調味したタレと混ぜ合わせ、そのタレごと熱いごはんにかけて食べます。

地元の方によると、もともとは、宇和島近海の日振島を根城にしていた藤原純友の海賊衆が、酒盛りの後、酒を飲んでいたお椀にごはんを盛り、鯛の身を乗せて食べたのが始まりだとか。また、生の鯛をこのようにして食べるのは全国でも宇和島だけだといいます。

ehime_uwajima

宇和島には、鯛めしを食べさせてくれるお店がいくつもあります。南国らしい陽光あふれる宇和島の駅を降り立ち、まずは観光案内所で下調べ。「タレの味が若干違うけれど、どこで食べてもはずさないですよ」とは、スタッフの方の弁。というわけで店選びに迷いましたが、鯛めしの盛り付けが一番フォトジェニックで美しかった(笑)老舗の「かどや」さんを訪ねてみることにしました。

ehime_taimeshi2

豪華なたまごかけごはん、ともいうべきか、初めて鯛を生で食べるのに、少しドキドキ。さすが、甘味のあるタレとマッチしておいしくいただくことができました。こちらでは鯛のほか、トッピングに海藻も…。

お店では、「じゃこ天」や「ふくめん」、「さつま」といった宇和島の他の郷土料理がいろいろといただけます。2013年7月には東京の西麻布に支店を出し、こちらでも本場の宇和島の鯛めし(しかも1280円~とお手頃)を提供。宇和島には遠くてなかなか行けそうもないという方は、まずは東京のお店で生の鯛にトライされてみてはいかがでしょう。