Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

にしんの山椒漬け|福島県・会津

fukushima_nisin

越後街道の物流が生んだ、会津の郷土料理

越後街道の入り口である会津若松の七日町は、越後(新潟)からは海産物が、会津からは米の運搬が行き交った物流の要所であり、海産物問屋や旅籠、料理屋が軒を並べていた地域。今もその面影を残す建物が残っており、会津の観光スポットのひとつにもなっています。越後から運ばれた海産物であるにしんで作る「にしんの山椒漬け」は、そんな越後との物品の交流から生まれた会津ならではの郷土料理です。

 alt=

にしんの山椒漬けは、お土産屋の一角には専用売り場が設けられているほど、会津ではポピュラーな食べ物ですが、せっかく会津に来たなら、そんな食の歴史を感じながら食べてみたい。というわけで、まさに七日町の越後街道沿いにある、明治時代の海産問屋を前身とした郷土料理の店「渋川問屋」へ。重厚な店内の雰囲気もさることながら、こづゆや、棒タラの甘露煮、にしん天ぷら、にしんの昆布巻など海産物を使った会津の郷土食がセットで一度に食べられる、貴重なお店でもあります。

会津を代表する郷土料理の店「渋川問屋」。

会津を代表する郷土料理の店「渋川問屋」。

渋川問屋の店内。お会計も古風。

渋川問屋の店内。お会計も古風。

渋川問屋のある、七日町の越後海道。

渋川問屋のある、七日町の越後海道。

にしんの山椒漬けは、越後から運ばれた日持ちする身欠きにしんを山椒の新芽と一緒にしょうゆ、みりん、酒などで煮た料理。今ではちょっと想像できませんが、山椒を使うことでにしんの腐敗を防ぐほか、生臭さを取り除き、しかもピリッとしておいしい味になるという、会津人の生活の知恵が詰まった一品なのです。かつてはにしんは貴重なたんぱく源でもあったといいます。

にしんの昆布巻き

にしんの昆布巻き

味が濃いのでたくさんは食べられませんが、酒どころでもある会津ではにしんの山椒漬けをあぶると、おいしい酒の肴にもなりそうです。にしんは今では高価な部類の魚になってしまいましたが、他にも肉厚なにしんの昆布巻や、にしんの天ぷら等とにしんづくしで、何ともぜいたくな気分に。鮮魚でなくても工夫次第でこれほどおいしく食べられるというのは、ちょっとした発見でした。

それに、現在の都道府県分けの地図に見慣れていると、福島県と新潟県にかつてこんな物流のパイプラインがあったとは、意外な感じも。郷土食を学ぶことは歴史を学ぶことでもあるのだ、と改めて身につまされたのでした。