Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ます寿司|富山県・富山

toyama_masuzushi

富山市で繰り広げられる、ます寿司ワールド

最近は東京のコンビニでも買えるようになった、ます寿司。富山のおみやげ・駅弁の定番であり、だれもが認める富山のご当地グルメの代表格でもあります。

いわずと知れた、酢飯に色合いの美しいサクラマスを乗せ、これまた緑鮮やかな竹の葉で包んでしっかりと重石をした、押しずしの一種。昔はます寿司を家庭で作っていたけれど、今は作られなくなったといいます。シンプルながらも、それぞれの素材の香りと味わいのハーモニーがすばらしく、北海道のJR函館線・森駅の「いかめし」などと同様、「駅弁は簡素な食材が一番おいしい」の典型でもありますね。

ます寿司は、もともとは富山市に流れ込む神通川を遡上してきたサクラマスを使っていたところ、漁獲高が減少し、また地元以外で広く消費されるようになったため、北海道産や輸入品も使うようになったとのこと。コンビニで売られているます寿司のサクラマスも、おそらく輸入品でしょう。

とまあ、「ああ、ます寿司ね」というほど全国的にポピュラーな食べ物なのですが、富山の人は、それぞれにごひいきのます寿司メーカーがあり、富山市内には「ます寿司ストリート」なる通りがあるほど、地元での愛され度が格別であるという噂を聞きつけました。そういった空気は現地で感じてみないとわからない!というわけで、おいしいます寿司を求めて、いざ、富山市まで…。

富山ます寿司協同組合によると、富山市内には13軒のます寿司店があるそうで、確かに七軒町周辺にお店が集中していました。もちろん、駅周辺などにいろいろなお店のます寿司を並べて販売しているショップもあります。ここに、その13軒のお店のます寿司の特徴をざっと紹介してみましょう。

まさに、ます寿司ワールド。傾向としては、老舗はしっかり酢の味をきかせ、新しい店はあっさりしたます寿司が多いよう。また、ます寿司には、1段重ね、2段重ね、場所によっては3段重ねがありますが、駅弁として1人で食べるのなら、1段重ねで十分です。

今回は時間の関係で、すべてのます寿司を実食することができなかったのが残念でした。

ちなみに上写真は、富山駅近くのます寿司ショップで女性店員さんの好みだったので選んだ(笑)、あまり酸っぱくないという「ちとせ」のます寿司。しっかり竹でごはんを押してあり、ますもごはんもほどほどにマイルドでおいしかったです。

以前おみやげでいただいて食べたことがあるます寿司も、おいしかったけれど、今から思えば、個人的には酸味が効きすぎていた気がします。全国のコンビニで売っているものは、まぁ、富山のます寿司とは別物と考えた方がよさそう。

富山県全域には、富山ます寿司協同組合に加盟していないます寿司店もたくさんありますが、少なくとも本当においしいます寿司が食べたかったら、メーカーにあたりをつけて、駅などで売っているものを適当に買わない方がいい、というのが旅人への教訓です。

しかし、これだけいろいろなタイプのます寿司店が味の競演を繰り広げていると、確かに自分の好みを探したくなってしまいますね。富山の方のお気持ちがわかったような気がしました(笑)。チャンスがあれば、13種類のます寿司をすべてトライしてみたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました