Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ママカリずし|岡山県・瀬戸内海沿岸地方

okayama_mamakarisushi

瀬戸内海の魚を使った岡山の郷土料理

瀬戸内海でとれるニシン目・ニシン科の魚ママカリ(飯借り。別名サッパ)。「ごはんが進んで、家で炊いた分を食べつくして、隣の家から借りてこなければならないほどおいしいから」とか、「脂の乗る旬の時期が秋の稲(ママ)刈りの時期だから」といった語源があるそうで、酢漬けや塩漬けにしたり、すしのネタにしてよく食べられている岡山県の郷土料理です。

こちらも、備前ばらずしと同じ「吾妻寿司」さんでいただきました。1かんから握ってくださいます。ママカリは通年食べられますが、脂の乗った旬を狙って10月に来訪。ママカリの別名のサッパには「さっぱりしているから」という語源説もあるそうですが、まさにさっぱり味で食が進み、調子に乗るといくらでも食べられてしまいそうです(笑)。

okayama_mamakari2

また、岡山のみやげもの店には、ママカリ商品がズラリ。しかし、ママカリの酢漬けも、ママカリずしも、昔は家庭で作っていました。ママカリのしんこ(幼魚)がベストで、作り方は、まずママカリのうろこを取り、背から開いて内臓も除き、表面と内側に塩をしてから半日ほど酢に漬けて身をしめておき、それを握ったすし飯に乗せて包み込むように形をととのえるのだそうです。新鮮なママカリが手に入ったら、チャレンジしてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました