Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2014-01

Sponsored Link
日本の郷土料理を訪ねる旅

めはりずし|和歌山県・三重県・熊野地方

JR紀勢本線・新宮駅の有名駅弁としても知られるめはりずし。もともとは、江戸時代から熊野地方で農作業や山仕事に行く際のお弁当として食べられていた、長い歴史のある熊野独特の食べ物です。
日本の郷土料理を訪ねる旅

白みそ雑煮|大阪府・京都府

白みそ雑煮に使われるのは、米こうじを多く配合し、塩分が少なく甘みのある「西京みそ」。いくら色の白いみそでも、西京みそ以外ではおいしいお雑煮が作れません。
日本の郷土料理を訪ねる旅

どんがら汁|山形県・庄内地方

厳寒の日本海の荒波にもまれた、脂の乗ったタラをぶつ切りにし、とうふや野菜と一緒にみそ味風味で煮た「どんがら汁(寒ダラ汁、タラ汁とも)」は、漁師鍋がもとになった、山形県庄内地方の冬の風物詩でもある名物料理。どんがらとは、タラの頭やヒレ、肝、しらこといったアラのことで、身よりもアラが主役の料理です。
日本の郷土料理を訪ねる旅

ちたけそば|栃木県

ちたけの食用の歴史は少なくとも江戸時代の享保年間に遡るといわれ、ちたけとなすを炒めてしょうゆとみりんで味付けただし汁を使った「ちたけそば」は、栃木県民のソウルフードともいっていいほどポピュラーです。
日本の郷土料理を訪ねる旅

鴨鍋|滋賀県・長浜

琵琶湖北部の中心地として栄えた長浜の冬の味覚といえば、湖の豊かな魚や、田んぼの落ち穂を求めて遠くシベリアから飛来する鴨を調理した鴨鍋。毎年11月半ばから琵琶湖の鴨狩猟が解禁となり、翌年3月くらいまでの市内のあちこちのお店で、伝統的な鴨すきスタイルの鍋が供されます。
日本の郷土料理を訪ねる旅

ぶり大根|富山県・氷見

最高の寒ぶりを使ったぶり大根を求めて、富山県の氷見へ行ってきました。氷見は、3000メートル級の立山連峰から流れ込む、「天然のいけす」とも呼ばれる富山湾の代表的な漁港の町。氷見の寒ぶりは、そのおいしさから全国ブランドにもなっています。
日本の郷土料理を訪ねる旅

いわし料理|千葉県・九十九里町

九十九里浜のいわし漁の拠点ともいえるのが、九十九里浜の中心地・九十九里町にある片貝漁港。冬が旬のセグロを求めて、九十九里浜の中心地である、九十九里町に行ってきました。
日本の郷土料理を訪ねる旅

加須うどん|埼玉県・加須

加須では「うどんの町」を全面に打ち出し、加須手打ちうどん会によるマップ"を作成するなどして、町おこしをはかっています。加須うどんの特徴は、手打ちは当然で、小麦は地元産のものを使用していることです。
日本の郷土料理を訪ねる旅

あんこう鍋|茨城県・大洗

荒波寄せる太平洋に面した、茨城県大洗町。その太平洋の海底深くに棲むあんこうは、大洗や近郊の水戸の冬の味覚として知られ、あんこう鍋や、海のフォアグラとも呼ばれる「あんきも」が県内の料亭、割烹などに出回ります。
日本の郷土料理を訪ねる旅

そぼろ納豆|茨城・水戸

平安末期からの納豆製造の歴史を誇る水戸には、他所には見られない納豆を使った伝統食があります。納豆と切り干し大根をしょうゆなどで味を付けて漬け込んだ「そぼろ(しょぼろ)納豆」は、そんな水戸ならではの食べ物です。
Sponsored Link