Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2013-11

Sponsored Link
日本の郷土料理を訪ねる旅

かんこ焼き|神奈川県・津久井地方

農水省の郷土料理百選の神奈川代表のひとつに選ばれた、かんこ焼き。名前の由来は、雅楽で使われる鼓の一種の羯鼓(かっこ)に形が似ているから、もしくは乾粉からきているといわれています。
日本の郷土料理を訪ねる旅

うなぎの蒲焼き|静岡県・浜松

うなぎの背中を開いて蒸してから焼く関東風と、腹から開いて直火で焼く関西風のうなぎの調理法の境界線は、静岡の浜松あたりだといわれています。調理法には人それぞれに好みがあるにせよ、浜松といえば浜名湖のお膝元。うなぎの町でもあり、うなぎ屋さんが多いのもよく知られた通りです。
日本の郷土料理を訪ねる旅

カニ汁|鳥取県・境港

漫画家・水木しげるさんの生まれ故郷である境港は、カニ(松葉ガニと紅ズワイガニ)の水揚げが日本一という、カニの町でもあります。9月の紅ズワイガニに続いて11月初旬は松葉ガニ漁が解禁となり、観光客の集う境港水産物直売センターには、新鮮なカニがズラリ。なかなか圧巻です。
日本の郷土料理を訪ねる旅

しじみ汁|島根県・宍道湖沿岸

「宍道湖しじみ」としてブランド化もされている特産品のヤマトシジミは、海水と淡水が混ざり合う汽水域にしか生息しない、まさに宍道湖の恵み。近年は漁獲高の減少をいわれているのが残念ですが、松江のおみやげもの売り場には、今も変わらずしじみの商品がたくさん売られています。
日本の郷土料理を訪ねる旅

スズキの奉書焼き|島根県・松江

松江について語ると、必ず登場する人物が、松江藩主だった不昧公こと松平治郷。江戸時代の代表的茶人のひとりとして知られ、文化の薫り高い現在の松江の町の性格を築いた人でもあります。松江では不昧公にまつわる話が多々伝えられていますが、この「スズキの奉書焼き」もそんな"不昧公好み"といわれる料理のひとつです。
日本の郷土料理を訪ねる旅

ぼてぼて茶|島根県・出雲地方

奥出雲のたたら製鉄の職人たちが労働の合間に飲んでいたとも、不昧公の時代に飢饉のときに非常食だったとも、また禅僧が中国から持ち帰ったともいわれる「ぼてぼて茶」は、茶せんで泡立てた番茶の中にごはんや豆などのおかずを入れていただくという衝撃的な(笑)郷土食です。
日本の郷土料理を訪ねる旅

あご野焼き|鳥取県・島根県

あご野焼き(あご=トビウオ+野焼き)は、ちくわを大きくしたような形をした、鳥取西部や島根県の出雲地方沿岸部の郷土食です。
日本の郷土料理を訪ねる旅

出雲そば|島根県・出雲地方

出雲そばならではの特徴は、割子(わりご)そばと呼ばれる、段重ねの円形の漆器に入ったスタイルのそば。1段ずつ薬味を乗せて、つゆをのの字に回してかけていただきます。
日本の郷土料理を訪ねる旅

ぜんざい|島根県・出雲地方

10月のことを別名で「神無月」などと申しますが、神々の国・出雲(島根県)では、逆に、来年1年のことを話し合うために出雲大社に全国の神々が集結するので、神無月ならぬ「神在月(かみありづき)」といいます。毎年、旧暦の10月(今年は11月上旬~)には、出雲大社で神在祭という神事も。ぜんざいは、この神在祭で振る舞われた神在(じんざい)餅が訛った、出雲発祥の食べ物だといわれています。
日本の郷土料理を訪ねる旅

石狩鍋|北海道・石狩

「漁師料理らしい石狩鍋を体験したいなら、年に1度、9月末に野外で行われるさけづくしのお祭り"石狩さけまつり"の開催時を狙って行くのが一番ですよ」と、地元の観光案内所の方は助言をくださいました。
Sponsored Link