Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ペナンレストラン|マレーシア料理|芝公園

ホッケンミー
ホッケンミー

家族経営の中華系マレーシア料理

2012年2月にオープンした、マレーシア・ペナン島出身のご家族が経営する、こじんまりとした居酒屋風のマレーシア料理店。ペナンといえば、マレーシアきってのグルメエリアとして名を馳せていますが、こちらの料理は、そんなペナンを代表する中華系マレー料理であるニョニャ料理を提供しています。

そんなわけで、お店のメニューには、マレー系に多いイスラム教徒が食べない豚肉を使った料理や、中国をルーツにした料理が多く見られます。上写真は、えびの殻から出汁を取り、えびそのものもたっぷり乗った、赤いスープのペナン式ホッケンミー(フッケンミー=福建麺。日本風に”エビラーメン”とも)。名前の通り、中国の福建省をルーツに、マレー風のスパイシーなテイストがミックスした料理です。色合いからして、いかにもおいしそうですね。

肉骨茶(バクテー)

一方、上写真はニョニャ料理の代表格でもある、肉骨茶=バクテー。豚肉のスペアリブを、漢方薬に使うスパイスと中国醤油で味付け、土鍋で煮込んだ料理です。スペアリブのほか厚揚げやきのこが入り、お好みで油条(中国の揚げパン)を加えて食べます。ちょっと漢方薬っぽい風味のスープが最初に気になる方もいるかもしれませんが、健康によさそうですし、食感もよく、ポカポカと体も温まります。こちらの肉骨茶はあっさり系で、日本人にもおいしく食べやすいと思います。

お値段がお手頃なのもうれしい限り。今回は単品でオーダーしましたが、4人で上記の料理を食べて、飲み物込みで1人3000円弱。ナシゴレンなどが食べられるお得なコース料理もありました。ランチのホッケンミーや海南鶏飯等はジャスト700円です。

他にメニューにない料理で、ペナン名物のアッサムラクサ(下写真)を2013年5月から、材料があれば1名から作ってくださることになりました。アッサムラクサは、CNNGoの世界で最もおいしい料理BEST50で第7位に輝いた、美味なる麺料理です。また、フィッシュヘッドカレーも事前予約で作ってくださるとのこと。

アッサムラクサ

お店を切り盛りするのは、在日20年のお父さんのロバートさんと、本国から呼び寄せた奥様、息子さんのエドワードさんのご家族。お店の周囲は近代的ながらも無機質なオフィス街なのですが、このお店のある一角だけ、昔風な温かみのある商店街が残っているエリアで、いかにも家庭的で、価格も手ごろなこのお店の雰囲気にぴったりです。

都会歩きに疲れたら、このお店で南国らしいマレーシアの明るい笑顔に癒されてみてください。


↑「ペナンレストラン」のご家族一同。背の順で(笑)パチリと撮らせていただきました。一番右がエドワードさん。

店名ペナンレストラン
住所東京都港区芝2-4-16 加藤ビル1F
TEL03-3456-3239
営業時間11:00~14:30、5:00~23:00
定休日日祝
公式サイトhttps://www.facebook.com/PenangRestaurant

大きな地図で見る
Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
マレーシア料理東南アジア料理
Sponsored Link
シェアする
e-food.jpをフォローする
東京レストランサーチ