Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【閉店】サントドミンゴ|ドミニカ料理|銀座

バンデーラ

バンデーラ

東京で唯一、ドミニカ料理とコーヒーを提供するお店

【閉店しました】カリブ海の国ドミニカ(共和国)料理のレストラン。ドミニカンスタイルバー&レストランとして2011年11月に銀座にオープンし、今年12月には、1階に店舗を拡張して改めてグランドオープンしました。

上写真はドミニカを代表する料理バンデーラ(スペイン語で”旗”の意味)。もともとはドミニカの国旗色を配したワンプレート料理で、こちらのお店では、日替わりの肉の煮込み、アロスブランコ(ドミニカの白ごはん)、野菜サラダを盛りつけがひと皿に盛られ、またアビチュエラ(インゲン豆の煮込み)が別皿で付いてきます。

バンデーラはランチにも食べられ、ドリンク(数種から選べます)、デザート付きで1000円ですので、お試しにはちょうどよく、お得かも。

これまでは、札幌にある「パ・ミ・カサ」が、日本で唯一のドミニカ料理店でした。東京にもドミニカ料理が食べられるお店ができてくれて、関東の住民としてはうれしい限り。札幌のお店は、ドミニカ直輸入のような(?)大盛りで素朴な感じの料理なのですが、こちら銀座は、フレンチの素養のある日本人シェフによる、洗練された盛り付け&味付けです。

シェフはドミニカに魅せられて、本場ドミニカで料理を修業されたそうで、中にはドミニカ料理とフレンチを融合させたオリジナルメニューも。なお食材は、可能な限り有機無農薬栽培のものを使用しているとのことです。

そして、こちらに訪れたら見逃せないのが、ドミニカ産の最高級コーヒー、アタベイ(Atabey)。こちらも無農薬栽培のコーヒーで、ていねいにハンドドリップで淹れ、深煎り、浅煎りから選べます。すっきりとしていて、ストレートで飲むのがおいしいコーヒーです。

ランチタイムにはセットで他のドリンクも選べますが、上記のような理由で、アタベイのホットコーヒーがおすすめ(笑)。

お店の旧名は「アトリエ・マロカフェ」。マロという名前の由来が気になってお店の方にうかがったところ、オーナーの親族のひとりがあの綾小路きみまろさんだそうで、お店にも時々いらっしゃるとか。2度目にランチタイムにうかがったときには、店内にきみまろさんからの開店祝いの花輪が飾られていました。

ドミニカ料理やコーヒーに加えて、ラム酒好き垂涎のドミニカ産の珍しいラム酒がそろうほか、ドミニカ生まれの陽気なダンスミュージックメレンゲのメロディーが流れ、また、週末は踊り好きなドミニカ人女性スタッフも加わって、雰囲気も満点。銀座の片隅でおいしいコーヒーとカリビアンな気分をぜひ味わってみてください。

※ディナーでドミニカ料理づくしのコースを食べたいときは、事前(1日以上前)に人数を告げて予約することをおすすめします。

ドミニカ料理について詳細
(同じカリブ海にドミニカ国という別国がありますので、お間違いなく)。

店名サントドミンゴ
住所東京都中央区銀座7-12-1
TEL03-3546-3703
営業時間11:00-23:00(LO21:30)
定休日日・祝
公式サイトhttp://www.marocafe.jp/

大きな地図で見る

Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カリブ料理ドミニカ料理
Sponsored Link
シェアする
e-food.jpをフォローする
東京レストランサーチ