Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パブロワ|ニュージーランド料理

フルーツ&メレンゲの焼き菓子

料理ではなく、お菓子。ニュージーランドにはマオリ伝統の料理はあるものの、ヨーロッパ諸国などに比べると独特の伝統食、特にお菓子はあまり多くないのですが、パブロワはニュージーランドを代表するオリジナルのスイーツのひとつです。

パブロワは、ロシアの世界的バレリーナ、アンナ・パブロワが、1926年にオーストラリアとニュージーランドを公演したときに考案されたといわれる、フルーツを乗せたメレンゲの焼き菓子。オーストラリアとニュージーランドがどちらが考案したのか争っているそうで、以前、e-food.jpで”オーストラリアのお菓子”としてレシピを紹介したことがありました。

今回は、ニュージーランドで一番有名なフルーツ”キウイ”をトッピングした、ニュージーランド・バージョンのパブロワのレシピをお届けしましょう(といっても、作り方はほとんどオーストラリア・バージョンと一緒なのですが…(笑)。

焼いたメレンゲはカロリーが低いのにカサがありますから、ダイエットされている方のおやつにもおすすめです。その上パブロワは、真っ白な上に飾りのフルーツがきれいで見栄えがするので、食卓に並べばテンションが上がりますし、お客様のもてなしや、お誕生日・クリスマスケーキ代わりにぴったり。作った人のお株が上がること請け合いですよ!

フルーツは季節によりお好みで、右写真よりもっとたくさん乗せてもよいと思います。

ニュージーランド料理について詳細

ニュージーランド版パブロワ Pavlova レシピ 4人分
【材料】
卵白 たまご4個分
砂糖 大さじ3~4
コーンスターチ 小さじ1
ホワイトビネガー 小さじ1
キウイ 1個 皮をむいて輪切りにし、さらに適当にカット
いちご 6個
ブルーベリー 6粒
生クリーム 1パック
バニラエッセンス 少々

【作り方】
1.オープンを180度に予熱する。
2.ボウルに卵白を入れ、泡だて器でつのが立つ程度に泡立てる。砂糖を少しずつ加えて、固めのメレンゲを作る。
3.2にホワイトビネガーとコーンスターチ、バニラエッセンスを加えて、ヘラでざっくりと混ぜる。
4.オーブンの天板にクッキングシートを敷き、3のメレンゲを直径20cmくらいになるように、円形のケーキ状に形づくる。
5.4を150度のオーブンで10分焼き、さらに130度ほどの低温に落として、1時間20分ほど焼き、そのままオーブンの中で冷ます。
6.生クリームを少し固めに泡立てて、5の中央に入れる。その上に、キウイ、いちご、ブルーベリーを飾って、できあがり。

Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
【ご注意】

※上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは材料や手順が違うことがあります。

※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツです。著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など利益の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

★詳細→利用規約 レシピについて

サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大なレシピがありますのでお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
オセアニア料理レシピ
Sponsored Link
e-food.jpをフォローする
世界の料理レシピ集