オカイア|サモア料理

オカ

ポリネシアらしい生魚のココナツミルク和え

ポリネシアの西部にあるサモアは、かつては西サモアと呼ばれ、1962年にニュージーランドから独立した英連邦の国。東側のアメリカ領サモアと区別するためか公式名をサモア独立国(Independent State of Samoa)といいます。

サモアでポピュラーな食べ物である「オカイア」は、フィジーのココンダや、タヒチのポワソンクリュなどに共通する、生魚、野菜をココナツミルクで和えたポリネシアらしい料理。作り方は材料を切って混ぜるだけと、とても簡単です。

以下は、Youtubeに投稿されたサモアのオカイアの作り方。ボリュームたっぷりです。作り方がよりわかりやすいと思いますので、参考になさってくださいね。

オカイア Oka i’a レシピ
【材料】
刺身用の新鮮な生魚 200g
かにの身(缶詰でもよい) 50g
レモンまたはライム 1/2個 ジュースをしぼる
きゅうり 半個(みじん切り)
赤たまねぎ 半個(みじん切り)
ココナツミルク 100ml
塩 少々
こしょう 少々
青ねぎ 少々(みじん切り)飾り用

※他にトマトや赤パプリカ(みじん切り)色のきれいな野菜を入れてもよい。

【作り方】
1.生魚を食べやすい大きさにカットし、レモンまたはライムジュースに漬け、ラップをかけて30分ほど冷蔵庫でなじませる。
2.ボウルを用意し、1と野菜類を混ぜてココナツミルクを和える。塩、こしょうで味付けする。
3.1を冷蔵庫で30分ほど冷やし、お皿に盛り青ねぎを飾ってできあがり。

タイトルとURLをコピーしました