Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パスティシュ・デ・バカリャウ|ポルトガル料理

海洋国らしい干しダラ料理

15世紀からの大航海時代に、スペインとともに世界を広く制したポルトガル。海洋国として長い航海に必須の保存食・干しダラ(バカリャウ)を使った料理が今もポピュラーです。かつてカトリックの食戒律だった金曜日やクリスマス、復活祭前の肉断食の際にも重宝する料理でもありました。

このパスティシュ・デ・バカリャウ(干しダラのコロッケ)も、そんな干しダラ料理のひとつで、国民食としてもポルトガル人に愛されています。かつてポルトガルの最大の植民地だったブラジルでも、ボリーニョ・デ・バカリャウという名称でポピュラーな食べ物です。

サクサクの表面と、ホクホクのじゃがいも&干しダラの組み合わせがとてもおいしく、日本人にもなじみやすい味だと思いますよ。

以下はポルトガルでの10分でできる(?)パスティシュ・デ・バカリャウの作り方動画です。参考になさってみてください。

ポルトガル料理について詳細

パスティシュ・デ・バカリャウ Pasteis de Bacalhau レシピ 4人分
【材料】
干しダラ 400g
じゃがいも  300g 皮をむいてやわらかくなるまでゆでておく
たまねぎ 1個 みじん切り
にんにく 2個 薄切り
たまご 2個(割って白身と黄身を分けておく)
パセリ 1本 みじん切り
オリーブ油 大さじ1
塩 小さじ1
黒こしょう 少々
サラダ油 揚げる油

【作り方】
1.干しダラを冷水に一晩浸し、時々水を変えながら戻す(タラによって違うが、この時点で固い場合は、お湯で柔かくなるまで煮る)。
2.1の干しダラから皮と骨を取り除き、具を細かくほぐす。
3.ボウルにほぐした干しダラ、ゆでたじゃがいも、たまねぎ、にんにくを入れて、混ぜながらつぶす(フードプロセッサーを使ってもよい)。
4.3にほぐした卵の黄身、パセリ、オリーブ油、塩、こしょうを加えて木べらでよく混ぜ合わせる。
5.卵の白身を泡だて器でよくほぐし、4に加えて軽く混ぜる。
6.5のたねを大さじ2杯分すくって俵型に形作る。
7.天ぷら鍋または中華鍋にサラダ油を入れて熱し、6をきつね色になるまで揚げる。
8.7をペーパータオルでよく油を切り、お皿に盛って、できあがり。

Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
【ご注意】

※上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは材料や手順が違うことがあります。

※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツです。著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など利益の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

★詳細→利用規約 レシピについて

※サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大な世界の郷土料理レシピがあり、新たにレシピ開発もできます。詳しくはお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヨーロッパ料理レシピ南欧料理レシピ
Sponsored Link
e-food.jpをフォローする
世界の料理レシピ集