Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カレリアパイ (カレリアン・ピーラッカ)|フィンランド料理

フィンランドの故郷の味

フィンランド東部のカレリア地方の伝統料理。2012年に「ノルディック・スターシェフ・イン・ジャパン」で来日したフィンランドの人気シェフ、アンット・メラスニエミさんが、銀座の「よねむら」でコラボディナーを開催した際に、「ぜひ日本の方に食べてもらいたい」と、急きょ、特別にメニューに取り入れたというエピソードがあるほど、フィンランド人にとって思い入れのある一品です。

フィン語では、Karjalan Piirakka(カレリアン・ピーラッカ)といい、英語ではパイ以外にペイストリー、タルトと称されることも。ライ麦の生地と、ミルク粥の具にたまご&バターを乗せた、見た目がかわいく、フィンランドらしい素朴な味わいが、何とも魅力的。

寒い国の料理らしく、本来はバターにどっぷり浸したりしてハイカロリーなのですが、バターの量等を減らして、さっぱりとおいしく食べられるようにアレンジしました。

また、ミルク粥のほか、マッシュポテトなど、他の具で作ることもあるそうですよ。

以下は、フィンランドのおばあちゃんが作るベーシックなカレリアン・ピーラッカの作り方のレシピ。具の乗せ方、生地の模様のつけ方など参考になさってくださいね。

カレリアパイ Karjalan Piirakka レシピ 4人分(8個)

【材料】
<具=ミルク粥>
お米 半カップ
牛乳 1カップ
水 1カップ
塩 少々

<パイ生地>
ライ麦 半カップ
小麦粉 大さじ5
塩 小さじ半
水 1/4カップ

<トッピング=エッグバター>
バター 1/6カップ(室温で溶かしておく)
ゆでたまご 1こ(みじん切り、もしくはフードプロセッサーで細かくしておく)
こしょう 少々

ハーブ(お好みで。ディルやフェンネルなど、さわやかなもの)

【作り方】
1.まず、具を用意する。なべに水と米を入れて沸かし、ふたをして弱火で15分ほど煮込む。
2.1に牛乳を加えて、米がどろりとするまで煮込む。
3.パイ生地を作る。ボウルにライ麦と小麦粉、塩、水を入れて、よく練り混ぜる。
4.3を8等分し、麺棒で、12-14cmくらいの楕円形に伸ばす。
5.4の生地に大さじ3ほどのミルク粥を乗せ、両端を折り曲げ、親指と人差し指でつまんで模様を作りながら、葉のような形に包む。
6.予熱した240度のオーブンにクッキングシートを敷いて、10~15分ほど焼く(オーブンのタイプによって、焼き加減の様子を見ながら焼いてください)。
7.6が焼ける間にエッグバターを作る。ボウルに刻んだゆでたまごとバターを入れて、よく混ぜる。
8.6が焼けたら、5をトッピングし、さらにお好みでハーブをトッピングして、できあがり。

Yurico AOKI
青木 ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
【ご注意】

※上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは材料や手順が違うことがあります。

※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツです。著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など利益の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

★詳細→利用規約 レシピについて

※サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大な世界の郷土料理レシピがあり、新たにレシピ開発もできます。詳しくはお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヨーロッパ料理レシピ北欧料理レシピ
スポンサーリンク
e-food.jpをフォローする
世界の料理レシピ集
タイトルとURLをコピーしました