Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チェバプチチ|ボスニア・ヘルツェゴビナ料理

ひき肉を指状に丸めたグリル料理

バルカン半島の中でオスマントルコの影響が残るボスニア・ヘルツェコビナ。名物料理のチェバプチチ(チェバピともいいます)もトルコの食文化がうかがえるひき肉のグリル料理です。

チェバプチチは、英語で「フィンガーミート」と訳されるように、指の大きさにひき肉を丸めた料理。セルビアをはじめとする旧ユーゴスラビアやルーマニア、ブルガリアなどバルカン半島全域に似たような料理がありますが、ボスニア・ヘルツェコビナはイスラム教徒が多いこともあって、豚肉は使いません(セルビアやルーマニアでは豚肉を加えます)。

チェバプチチにセルビア発祥といわれるパプリカのペースト「アイバル」、たまねぎのみじん切り(またはスライス)を添えて食べる習慣は、80年続いたユーゴスラビア時代にボスニア・ヘルツェコビナでも定着したものでしょう。セルビア版ハンバーグのプレスカビッツァと同じように、ピタパンタイプのバンズのようなパンにいくつかのチェバプチチをはさんで食べることもあります。

以下はボスニアの首都サラエヴォでのチェバプチチ店の動画です。参考になさってみてください。

ボスニア・ヘルツェゴビナ料理について詳細

チェバプチチ ćevapčići レシピ 4人分
【材料】
牛ひき肉 400g できれば2度びきする。
羊ラムひき肉 400g できれば2度びきする。※ラム肉がない場合、牛ひき肉800gでもよい。
たまねぎ 1個 みじん切り
にんにく 1かけ みじん切り
塩 大さじ1
黒こしょう 少々
ベーキングソーダ 小さじ1/2
炭酸水 100ml

<添え物>
たまねぎ 1個 みじん切り
アイバル
カイマック(クロデットクリームまたはクリームチーズで代用可)

【作り方】
1.ボウルの中に牛肉、ラム肉、たまねぎ、にんにく、塩、黒こしょうを入れよく混ぜ合わせる。
2.1にベーキングパウダー、炭酸水を加えてこねるようによく混ぜる。
3.2を30~40gずつ取り、人差し指くらいの大きさにソーセージのように細長く形作る。
4.3を焼き網に乗せ、グリルまたはフライパンで11分ほど強火で焼く。
5.4をお皿に盛ってできあがり。好みでたまねぎ、アイバルやカイマックを添える。