Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チェバプチチ|ボスニア・ヘルツェゴビナ料理

ひき肉を指状に丸めたグリル料理

バルカン半島の中でオスマントルコの影響が残るボスニア・ヘルツェコビナ。名物料理のチェバプチチ(チェバピともいいます)もトルコの食文化がうかがえるひき肉のグリル料理です。

チェバプチチは、英語で「フィンガーミート」と訳されるように、指の大きさにひき肉を丸めた料理。セルビアをはじめとする旧ユーゴスラビアやルーマニア、ブルガリアなどバルカン半島全域に似たような料理がありますが、ボスニア・ヘルツェコビナはイスラム教徒が多いこともあって、豚肉は使いません(セルビアやルーマニアでは豚肉を加えます)。

チェバプチチにセルビア発祥といわれるパプリカのペースト「アイバル」、たまねぎのみじん切り(またはスライス)を添えて食べる習慣は、80年続いたユーゴスラビア時代にボスニア・ヘルツェコビナでも定着したものでしょう。セルビア版ハンバーグのプレスカビッツァと同じように、ピタパンタイプのバンズのようなパンにいくつかのチェバプチチをはさんで食べることもあります。

以下はボスニアの首都サラエヴォでのチェバプチチ店の動画です。参考になさってみてください。

ボスニア・ヘルツェゴビナ料理について詳細

チェバプチチ ćevapčići レシピ 4人分
【材料】
牛ひき肉 400g できれば2度びきする。
羊ラムひき肉 400g できれば2度びきする。※ラム肉がない場合、牛ひき肉800gでもよい。
たまねぎ 1個 みじん切り
にんにく 1かけ みじん切り
塩 大さじ1
黒こしょう 少々
ベーキングソーダ 小さじ1/2
炭酸水 100ml

<添え物>
たまねぎ 1個 みじん切り
アイバル
カイマック(クロデットクリームまたはクリームチーズで代用可)

【作り方】
1.ボウルの中に牛肉、ラム肉、たまねぎ、にんにく、塩、黒こしょうを入れよく混ぜ合わせる。
2.1にベーキングパウダー、炭酸水を加えてこねるようによく混ぜる。
3.2を30~40gずつ取り、人差し指くらいの大きさにソーセージのように細長く形作る。
4.3を焼き網に乗せ、グリルまたはフライパンで11分ほど強火で焼く。
5.4をお皿に盛ってできあがり。好みでたまねぎ、アイバルやカイマックを添える。

Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
【ご注意】

※上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは材料や手順が違うことがあります。

※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツです。著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など利益の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

★詳細→利用規約 レシピについて

※サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大な世界の郷土料理レシピがあり、新たにレシピ開発もできます。詳しくはお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ヨーロッパ料理レシピ南欧料理レシピ
Sponsored Link
e-food.jpをフォローする
世界の料理レシピ集