Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サマルカンド・プロフ|ウズベキスタン料理

肉とにんじんのシンプルなプロフ

シルクロードの中継地として、古くから栄えた都市が点在するウズベキスタン。中でも、中央アジア最大のモスクであるビビハニム・モスクの美しい青色が印象的なオアシスの都市サマルカンドは、その中心的な存在です。

ウズベキスタンにはプロフ(ピラフ)だけで1冊の本になるくらい、たくさんの種類があります。今回ご紹介するサマルカンドの”ご当地”プロフは、具が肉とにんじん、たまねぎだけのシンプルなもの。また、プロフは、肉と野菜のスープで米を炊き込むことが多いのですが、サマルカンド・プロフは、ごはんと具を別々に作ってあとで混ぜるスタイルです。

ちなみに、現地では黄色いにんじんを使います。オレンジ色のにんじんもあるのですが、「黄色い方が色がきれいだから」とは、サマルカンドで料理を教えていただいたウズベク人女性談(→黄色いにんじんを使ったサマルカンド・プロフの写真とリポート)。味は日本のにんじんとほぼ一緒でした。

ウズベキスタン料理について詳細

サマルカンド・プロフ Samalkand Plov レシピ 4人分
【材料】
羊肉または牛肉 200g 角切り
米(長粒のバスモティ米)500g 洗って水気を切っておく
にんじん 1本と半分 細切り
たまねぎ 2個 薄切り。1/4個ほど残して、トッピング用のフライドオニオンを作る。
クミン 少々(粉状でもまるごとでもよい)
黒こしょう 少々
塩 少々
植物油 適量
水 1リットル

【作り方】
1.鍋にお湯をわかして塩大さじ1を入れ、米を10分ほどゆでる。ゆであがったら水気を切っておく。
2.別の鍋で肉とにんじんをゆで、鍋から引き上げて塩小さじ1、クミン、黒こしょうで味付けする。
3.フライパンに植物油を入れて熱し、たまねぎをきつね色になるまで炒める。トッピング用にたまねぎを1/4ほど残して引き上げ、油を足して残りをさらに茶色くカリカリになるまで揚げる。
4.3に肉、にんじん、たまねぎを混ぜる。
5.4を炊いた1のごはんに軽く混ぜる。お好みで熱した植物油を加えて混ぜる。
6.5をお皿に盛り、フライドオニオンをトッピングして、できあがり。

Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
【ご注意】

※上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは材料や手順が違うことがあります。

※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツです。著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など利益の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

★詳細→利用規約 レシピについて

※サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大な世界の郷土料理レシピがあり、新たにレシピ開発もできます。詳しくはお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アジア料理レシピ中央アジア料理レシピ
Sponsored Link
e-food.jpをフォローする
世界の料理レシピ集