カブリ・パラウ|アフガニスタン料理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフガニスタンを代表する炊き込みごはん

パキスタンやイラン、ウズベキスタン、中国など6つの国と国境を接するアフガニスタン。イスラム教を国教とする多民族国家であり、周辺の国々や民族と影響を受け合った、非常に多彩な食文化を育んできました。

カブリ・パラウ(アフガニスタンの首都カブール・スタイルのパラウ)はアフガニスタンを代表する国民食で、アフガニスタン周辺が原産地とされるにんじんと、肉を使った炊き込みごはん。お祝いの席にも欠かせない一品です。

中央アジアのプロフと似ていますが、スパイスを使わず味が少し異なります。長粒のバスモティ米を使うと、本場の味っぽくなりますので、ぜひお試しください。

バスモティ米はパキスタン産が日本に輸入されているほか、メジャーではなりませんがサリークィーンという国産の長粒米も売られています。

アフガニスタン料理について詳細

カブリ・パラウ Kabuli Palaw レシピ

【材料】 4人分
・米(長粒米)  2カップ お湯に入れて10分ほどふやかしておく。
・鶏肉(骨付きもも肉) 2、3本 食べやすい大きさにカット。
・たまねぎ 半個 みじん切り
・にんじん 半個 細切り
・レーズン 大さじ1
・植物油 適量
・塩 小さじ1
・トマトピューレ 大さじ2 ケチャップでもよい。
・水  2カップ半

【作り方】
1.フライパンに植物油をしき、たまねぎを炒める。

2.1に鶏肉を入れ、ひっくり返しながら炒める。

3.2に塩と、トマトピューレを入れて調味する。

4.別のフライパンに植物油をしき、にんじんを炒める。にんじんが柔らかくなったらレーズンを加えてさらに少し炒める(トッピング用ににんじんを少し取っておく)。

5.炊飯器にお米と水を入れ、2の鶏肉と、4のにんじん・干しぶどうを加えて普通に炊く。

6.5が炊き上がったら混ぜてお皿に盛り、中央に鶏肉と残りのにんじんを飾って、できあがり。

※鍋を使う場合は、ふたをして最初強火で沸騰させ、火を弱めて合計15分ほど米を炊きます。

アフガニスタンでのカブリ・パラウの作り方手順(動画)

タイトルとURLをコピーしました