Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ケバブ|トルクメニスタン料理

テュルク民族の代表料理

ウズベキスタンやカザフスタンと同様、テュルク(トルコ)系民族の国トルクメニスタン。テュルク民族および中東地域の代表料理でもあるケバブは、トルクメニスタンでもポピュラーな料理なのですが、現地のレシピを見ると、1917年から74年間続いたソ連時代を経て、調味料に少しロシアの影響があったようです。

おおまかには、スパイスが控えめで、ワインビネガーを使うことでしょうか(もちろん、トルクメニスタンの中でも味付けに地方色があると思いますが)。ロシア語ではケバブのことを”シャシリク”といいますが、トルコのケバブとはちょっと別物という感じすらしますね。

トルクメニスタン料理について詳細

ケバブ Kebab レシピ
【材料】
羊肉または牛肉 600g 角切り
たまねぎ 1個 薄切り
塩 少々
ワインビネガー 少々
黒こしょう 少々
コリアンダーシード 少々

【作り方】

1.ボウルの中にたまねぎ、塩、ワインビネガー、黒こしょう、コリアンダーシードを入れて混ぜ、肉を加えて冷蔵庫で数時間置いておく。
2.肉だけ引き上げて串に刺し(串のてっぺんに肉の脂身を刺すようにする)、グリルでこんがりと焼いて、できあがり。