Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イカン・ペペス|東チモール料理

東チモール料理

スパイシーな魚の蒸し焼き

2002年5月20日にインドネシアから(国際法上はポルトガルから)独立を果たした東チモール。

イカン・ペペス自体はインドネシア中で食べられている料理なのですが、東チモールでもポピュラーです。

ちなみに逆さにしてペペス・イカンと呼ぶこともあるようです。Ikanは魚、Pepesは、バナナの葉に具を包んで蒸し焼きする調理の過程を意味します。

東チモールはもともと500年近くもポルトガル領だったので(いまだに国コードがtp=すなわちポルトガル領チモールの略ですし)、さぞやポルトガルらしい料理も多いのかと思ったら、同じくポルトガル領だったマカオから流れてきたような?エッグタルトとか、そんな感じ。あちらマカオはかの食の広東に接していますから、大航海時代由来のおもしろいフュージョン料理ができたのでしょうが、チモールの方は、食に関してはマカオほど独自の料理が発達しなかった様子です。

インドネシアとの紛争から立ち直り、観光開発も食文化もこれからなのかもしれませんね。

東チモール料理について詳細

イカン・ペペス Ikan Pepes レシピ 4人分
【材料】
魚 2匹 真アジくらいの大きさの白身の魚。ワタを抜いておく
エシャロット 40g 薄く輪切り。2度に分けて使用
植物油 適量
こぶみかんの葉 1~2枚 みじん切り
ターメリック 小さじ半 粉状のものを使用
レモングラス 1本 茎を使用。薄切り
ライムジュース 大さじ2
塩 少々
こしょう 少々
マカダミアナッツ 20g 砕いておく
しょうが 5g 薄切り
とうがらし 1本 鷹の爪
水 大さじ1
バナナの葉 2枚 縦横30cmくらい。魚の包むのに使用。食べない

【作り方】
1.魚の両面に包丁で格子状に4筋ずつ切れ目を入れ、塩、こしょう、ライムジュース、サラダ油をすりこむ。
2.1を冷蔵庫に入れ、30分ほど寝かす。
3.エシャロット、とうがらし、しょうが、マカダミアナッツ、ターメリック、レモングラスを混ぜ合わせ、フードプロセッサー(もしくはすりばちとすりこぎ)でペースト状にする。
4.フライパンに油をしき、3のペーストを熱して香り立たせる。
5.4に水、エシャロット、こぶみかんの葉を加えてざっと熱する。火からおろしたら塩を加える。
6.バナナの葉の上に5のペーストの半分を全体にのばすように塗る。魚を置き、その表面にもペーストを塗る。
7.バナナの葉で魚を包んで、タコ糸でしばる。
8.7を蒸し器で15分ほど蒸して、できあがり。