Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

プーティン|カナダ料理

カナダ料理

数少ないカナダならではの料理

建国からおよそ200年の移民の国カナダは、オーストラリアなどと同様、伝統的な料理がヨーロッパほど多くありません。このプーティンは、そんな中でも数少ないカナダならではの料理です。発祥はフランス系移民の多いケベック州だといわれています。

といっても、アメリカのマカロニ&チーズのように、ちゃんとした料理なのかといわれれば、微妙(笑)。もともとは、フライドポテトの上にグレイビーソースとチーズをかけただけの料理ですので、軽食といえるでしょう。それではここで紹介するのはあんまりなので、カナダらしいロブスター(オマール海老)を乗せた、豪華版プーティンのレシピをお届けします。ロブスターの殻からだしを取りますので、ソースがとてもおいしくなりますよ。

ちなみにプーティンとは、ロシア移民のプーティン(プーチン)さんが発明した料理ではなく(笑)、英語のプディングを語源にしている説が有力だそう(ウィキペディアのプーティンの項に詳しいです)。ロシアのプーチンさんの方はPutin。つづりが違いました。

以下はカナダのシェフが作るロブスター・プーティンの作り方動画です。参考になさってみてください。

カナダ料理について詳細

ロブスター・プーティン Lobster Poutine レシピ 4人分
【材料】
ロブスター 1匹 イセエビ。なければブラックタイガーなどのエビでも可。殻の付いたもの
バター 大さじ1
じゃがいも 3個 フライドポテト用に細長くカット。皮付きでもよい。
チーズ 200g とけるチーズ
塩 少々
こしょう 少々
サラダ油 適量 揚げ油として使用
オリーブ油 適量
たまねぎ 半個 みじん切り
にんじん 半個 みじん切り
セロリ 大さじ2 みじん切り
にんにく 1かけ スライス
ローズマリー 4cmくらい 生のものを使用
タイム 少々 生のもの、なければ乾燥粉末粉を使用
ケチャップ 少々

【作り方】
1.フライドポテトを作っておく。フライ鍋に揚げ油を入れ、150度ほどでじゃがいもをきつね色になるまで揚げる。
2.寸胴鍋に1リットルほどのお湯をわかして塩を入れ、ロブスターをまるごと2~3分ゆでる。すぐに冷水につけて、殻をはずし、身を冷蔵庫で保存しておく。殻はあとで使うので取っておく。
3.1のゆで汁を半分残して捨て、残ったゆで汁にバター、塩、こしょうを加えてスープを作っておく。
4.フライパンにオリーブ油をしき、たまねぎ、にんじん、セロリ、にんにくを入れて中火でたまねぎが透き通るくらいまで炒める。
5.4にロブスターの殻、ローズマリー、タイム、ケチャップ、ロブスターのゆで汁を加えて弱火で1時間半ほどコトコト煮る。ソースができたら少し冷ましておく。
6.お皿にフライドポテトを盛り、その上にロブスターの実、その上に5のソースをかけてできあがり。