オイルダウン|グレナダ料理

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パンノキの実のココナツミルク煮

グレナダは、カリブ海に浮かぶ旧イギリス領で、現在は英連邦に属する島国。名高いリゾート地であるとともにナツメグの生産が盛んで、国旗の左側にもナツメグの実が描かれています。

グレナダの料理は、他のカリブの英国領諸国と同様、かつてプランテーションの労働力を担う奴隷として連れて来られた西アフリカの人々や、本国イギリスの文化の影響を受けています。シーフードとパンノキの実をココナツミルクで調理したオイルダウン(Oil Down)がポピュラーです。ここではパンノキの実に味が似ているといわれるさつまいもを代用に使います。

グレナダ料理について詳細

オイルダウン Oil Down レシピ 4人分
【材料】
ほうれん草 1/4束 ざく切り。現地ではカラルーという青菜を使用。
塩漬け魚(タラなど) 400g 一口大切り。現地ではソルトフィッシュと呼ばれる塩漬けの干し魚を使用。
さつまいも 1本 皮をむいて角切り。現地ではパンの木の実を使用。
ココナツミルク 200ml
水 200ml
たまねぎ 小1個 みじん切り
セロリ 1本 みじん切り
タイム 1枝 できれば生葉。
チャイブ 1本 みじん切り。青ねぎで代用可。
とうがらし(鷹の爪) 1本 ホットソースでもよい。現地ではハバネロを使用。
ターメリック 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
植物油 適量

【作り方】
1.フライパンに油をしいてたまねぎを透き通るまで炒める。
2.1にココナツミルクとターメリックを加えて混ぜる。
3.2にさつまいも、ほうれん草、セロリ、タイム、チャイブ、とうがらし、魚、水を入れて混ぜ、ふたをして45分ほど弱火で煮込む。水がなくなったら少し足す。
4.3を塩で調味し、お皿に盛ってできあがり。

タイトルとURLをコピーしました