Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ケジュヌ|コートジボワール料理

コートジボワールの煮込みシチュー

フランス語で”象牙海岸”の意味を持つコートジボワール。旧フランス領で、現在も公用語はフランス語です。

フランスでお察しの通り(?)、コートジボワールは、セネガルなどと並んで西アフリカを代表するグルメな国だと思います。

肉やオクラを使ったよくある西アフリカ・スタイルのシチューに、月桂樹やタイムの葉などヨーロッパのハーブをちょっと効かせたこのケジュヌも、ひと味違いますよ。

現地では、キャッサバのクスクスである”アチェケ”を添えていただきます(ここではじゃがいも&片栗粉の代用品を使いました)。

以下はコールドンブルー提供のコートジボワールのおしゃれな(笑)ケジュヌの作り方の動画です。参考になさってみてくださいね。

コートジボワール料理について詳細

ケジュヌ Kedjenou レシピ 4人分
【材料】
鶏肉 400g
たまねぎ 半個 みじん切り
トマト 1個 皮をむいてみじん切り
オクラ 3本 みじん切り。なすでもよいし、両方入れてもよい
しょうが 小さじ1/2 すりおろす
にんにく 1かけ つぶす
とうがらし 1本 輪切り
月桂樹の葉 1枚
タイム 小さじ1/4
ピーナッツ油 適量
塩 少々
じゃがいも 3個 現地ではキャッサバを使用
片栗粉 カップ1
水 適量

【作り方】
1.鍋にすべての材料を入れてかき混ぜる。
2.1にふたをして火にかけ、1時間弱火で煮込む。
3.じゃがいもの皮をむいてゆで、マッシュポテトにする。
4.3を別の鍋に入れ、片栗粉、水を加えて中火で練っていく。
5.2と4を一緒にお皿に乗せて、できあがり。