カーキリ|ニジェール料理

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クスクス&ヨーグルトのプディング

国土の2/3が砂漠で、北アフリカの延長のように、イスラム教徒が大半を占める国ニジェール。かつてはフランス領西アフリカの一部でした。

クスクスやヨーグルト、スパイスを使ったこのカーキリも、中東や北アフリカの影響がうかがえるお菓子。クスクスの代わりにお米を使ったイスラムのプディング”キール”のニジェール版とでもいいましょうか。チャカリー(Chakery)またはティアクリー(Thiakry、Tiakri)と呼ばれることもあります。

冷やしていただくとおいしいですよ!

ニジェール料理について詳細

カーキリ Kaakiri レシピ 4人分
【材料】
クスクス カップ1 インスタントのもの
牛乳 カップ半
ヨーグルト カップ1 キッチンペーパーまたはコーヒーフィルターで一晩濾して水気を取っておく
バニラエッセンス 少々
砂糖 カップ1/4
レーズン 適量
バター 少々
塩 少々
ミント 少々 飾り用
ナツメグ ひとつまみ 粉状のもの。飾り用

【作り方】
1.クスクスをボウルに入れてお湯をかけ、バター、塩を混ぜて10分置いてふやかしておく。
2.1の粗熱が取れるまで待ち、牛乳、バニラエッセンス、砂糖、レーズンを入れ混ぜる。さらにヨーグルトを混ぜる。
3.2をカップに注ぎ、冷蔵庫で冷やす(凍らせてもよい)。
4.3を冷蔵庫から取り出し、ナツメグ粉とミントの葉を飾ってできあがり。

タイトルとURLをコピーしました