Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホロホロ鳥のロースト|赤道ギニア料理

ホロホロ鳥の原産地

赤道直下に位置し、15世紀にポルトガル人が植民地とした後、18世紀にはスペインに割譲され、1962年に独立した赤道ギニア。未開の熱帯雨林もまだ多く、海岸はマングローブの森が続く国です。

料理に関しては、旧宗主国のスペインの影響を多少受けているとはいえ、これといった特徴はない様子。ただ、赤道ギニアの界隈は、フランス料理の食材などとしても知られるホロホロ鳥(英語名をGuinea Fowlという)の生息地であり、ヨーロッパ人による現地風の味付けで紹介されています。

赤道ギニア料理について詳細

ホロホロ鳥のロースト Roasted Guinea Fowl レシピ 4人分
【材料】
ホロホロ鳥 1わ まるごと使用
ピーナッツ油 適量
たまねぎ 1個 1.5cmくらいに角切り
トマト 1個 皮をむいて1.5cmくらいに角切り
パプリカ 120g 1.5cmくらいに角切り(本来は辛味のあるとうがらしを使用)
カイエンペッパー 小さじ1
塩 適量
キャベツの外葉 数枚 敷物として
パセリ 少々 みじん切り

【作り方】
1.ホロホロ鳥に塩をすりこみ、さらにカイエンペッパーをすりこんで一晩置く。
2.たまねぎ、トマト、パプリカを混ぜ、1のおなかに詰める。
3.ホロホロ鳥の表面にはけでピーナッツ油をまんべんなく塗る。
4.3を180度に熱したオーブンに入れ、1時間半ほど焼く。途中、何度かピーナッツ油を表面に重ね塗りする。
5.4の表面がこんがりきつね色に焼けたらオーブンから取り出す。お皿にキャベツの外葉を乗せ、鳥を盛り付け、飾りにパセリを散らしてできあがり。