Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ギニア風魚フライ|ギニアビサウ料理

レモンの酸味がきいた魚フライ

15世紀半ばから1974年に独立するまで500年近くポルトガルの植民地であり、かつては南北アメリカ大陸への奴隷貿易の中継地だったギニアビサウ。今もポルトガルの影響を残す国です。

このギニア・スタイルの魚フライも、ヨーロッパ風な調理の一品。レモンの酸味が特徴的です。

ギニアビサウ料理について詳細

ギニア風魚フライ レシピ 4人分
【材料】
白身魚 4枚 切り身
レモン 1個 ジュースを絞っておく。白身魚、たまねぎそれぞれ大さじ3ずつ使う
バター 大さじ2
たまねぎ 1個 薄切り
塩 少々
葉野菜 適量 レタスなど。添え物

【作り方】
1.白身魚の両面に塩をふり、レモンジュースをかけて20分ほど置いておく。
2.フライパンにバターをしき、魚の両面を焼く。
3.別の鍋にバターをしき、たまねぎを薄く色づくまで炒め、レモンジュースをかける。
4.白身魚をお皿に盛り、3のたまねぎのソテーをかける。お好みで葉野菜を添えて、できあがり。