Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブリック|チュニジア料理

たまご&ツナのパイ包み揚げ

北アフリカのチュニジアはローマ帝国の遺跡や砂漠など見どころも多く、世界中の観光客を惹きつけている国です。

そんなチュニジアの代表料理として、たまごとツナをパイのように包み揚げした「ブリック」をご紹介します。

この料理自体は、ブレク、ボレキなどの別名で地中海沿岸の各地で食べられている、おそらくローマ帝国時代に各地に広まったアペタイザー的なペストリー料理なのですが、落としたまご&ツナの組み合わせで三角形に折る点が、チュニジアならではです。

ブリックの具のバリエーションはチュニジア国内にもいろいろあるそうですが、上記が一番ポピュラー。ツナの代わりにほぐした鶏肉を使うこともあります。揚げたてアツアツにレモンを絞って、ハリッサというとうがらしのペーストをお好みで付けていただきます。

皮は、現地ではマルスーカという薄いパイ生地(ギリシャ料理で使うパートフィロ、フィロシートと同じもの)を使うのですが、ここでは東アジアの便利食材(?)”春巻きの皮”で代用しましょう。折ればちょうど三角になりますし(笑)。

また、ハリッサは日本の輸入食材店で売っていることもありますが、チュニジア人の知人は、ハリッサが手に入らないときは韓国のコチュジャンを代用しているといっていました。なるほど。ちょっと味が違うのですが、ブリックにちょっと辛味を加えて食べるとさらにおいしくなりますよ!

以下はチュニジアのツナ入りブリックの作り方の動画です。揚げ方など参考になさってみてくださいね。

チュニジア料理について詳細

ブリック Brik レシピ 4人分
【材料】
ツナ缶 1缶 ほぐしておく
たまご 4個
じゃがいも 1個 ゆでて、7mmくらいの角切りにしておく
春巻きの皮 4枚
とうがらしペースト 小さじ1/2 あればハリッサ。お好みで。
ケッパー 小さじ1 おろしたパルメザンチーズでも
イタリアンパセリ 大さじ1 みじん切り
レモン 1個 輪切り
キャノーラ油 適量 少しオリーブ油を混ぜてもよい

【作り方】
1.天ぷら鍋にキャノーラ油を入れて180度に熱しておく。
2.小皿にそれぞれツナ、ゆでたじゃがいも、ケッパー、パセリを用意しておく。
3.くぼみのある皿に春巻きの皮1枚を広げ、それぞれ大さじ2杯分くらいのじゃがいも、ツナ、ケッパー、パセリの順に乗せる。
4.3の中央にたまごを割り落とし、すばやく三角に折って、ふちを水で止める。
5.4の三角形の頂点を菜箸でつまんで、注意深く1の天ぷら鍋の中にすべりこませ、きつね色になるまで揚げる。
6.4の油を切ってお皿に盛り、レモンの輪切り、パセリを飾り、お好みでとうがらしペーストを添えてできあがり。

タイトルとURLをコピーしました