Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブルボス|ナミビア料理

スパイシーなソーセージ

ナミビアは、世界最古の砂漠といわれるナミブ砂漠を擁するアフリカ大陸南西部の国。かつてドイツの植民地で、第一次世界大戦後から南アフリカに統治された後、1990年に独立しました。

ナミビアには今も、ドイツの影響が残っており、この地に残ったドイツ人の子孫によるソーセージやハム、ビールの製造が盛ん。現在ベルリン名物として知られるカリーヴルスト(カレーソーセージ)は、発祥に諸説あるようですが、そのひとつにナミビアで誕生したという説もあるそうです。

現在ではお隣の南アフリカでもポピュラーなこのブルボスは、まさにカレー・ソーセージといった趣きのスパイシーな味わい。ナミビア国内でも、ブルボスのコンテストが行われているほどの人気です。

ナミビアではブラーイというバーベキューでこのブルボスをよく焼きます。

以下は、家庭でのブルボスの作り方の動画。機械がないと手作業しなければならない部分もありますが、面倒なレシピをなるべくわかりやすく解説していますので参考になさってください。

ナミビア料理について詳細

ブルボス Boerewors レシピ 4人分
【材料】
牛肉 500g ひき肉
豚肉 500g ひき肉。羊肉でもよい
たまねぎ 1個 みじん切り
オールスパイス 小さじ1/4 挽いたもの
ナツメグ 小さじ1/4 挽いたもの
クローブ 少々 挽いたもの
コリアンダーシード 小さじ1/2 挽いたもの
黒こしょう 小さじ1 挽いたもの
ウスターソース 大さじ1
塩 少々
トマト缶 半缶
羊の腸 1~2本 塩漬けのものを水で戻しておく

【作り方】 4人分
1.フードプロセッサーに牛肉、豚肉、たまねぎの半分、スパイス類、塩を入れてペースト状にする。
2.1を専用の絞り袋などを使って羊の腸に詰めていく。
3.2をテフロン加工のフライパン【ない場合は油を薄くひく)で両面ずつそれぞれ7分ほど、火が通るまで焼く。
4.3からソーセージを取り出し、たまねぎの残り、トマト缶、塩少々を入れてトマトソースを作る
5.3をお皿に乗せ、4のソースをかけてできあがり。

Yurico AOKI
青木ゆり子

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、料理&旅行コラムニスト、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長、内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会会員、世界司厨士協会連盟会員。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト世界の料理 総合情報サイトe-food.jpを創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどを通し、国内外の郷土料理に秘められた魅力を広め、おいしい食べもので日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(図書館選定図書 ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

e-food.jpをフォローする
【ご注意】

※上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは材料や手順が違うことがあります。

※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツです。著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など利益の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

★詳細→利用規約 レシピについて

※サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大な世界の郷土料理レシピがあり、新たにレシピ開発もできます。詳しくはお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アフリカ料理レシピ南部アフリカ料理レシピ
Sponsored Link
e-food.jpをフォローする
世界の料理レシピ集