Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アロス・デ・アトゥム|カーボベルデ料理

まぐろを使ったお米料理

1975年の独立まで約500年の長きにわたってポルトガルの植民地だったカーボベルデ。南北アメリカへの奴隷船の中継港であり、今もポルトガル、ブラジルとの交流を持ち、音楽、そして料理などでユニークなクレオール文化を育んできました。

カーボベルデには”カチューパ”という名物料理があるのですが、別の機会に。ここでは、日本人にもなじみやすく、もっとおいしくいただけるアロス・デ・アトゥム(直訳すると”まぐろごはん”)のレシピをご紹介します。

カーボベルデの近海には豊富なまぐろの漁場があるそうで(ただし開発は発展途上)、このまぐろのごはんもカーボベルデらしい料理といえそうです。

今回は、ツナ缶を利用してラクして(笑)作ってみました。

カーボベルデ料理について詳細

アロス・デ・アトゥム Arroz de Atum レシピ  4人分
【材料】
ツナ缶 1缶
たまねぎ 半個 みじん切り
トマト 1個
青とうがらし 1本
粉とうがらし 小さじ1
米 1カップ 研いで洗い、水を切っておく
たまご 2個 ゆでたまごを作ってカットしておく。
パセリ 少々 みじん切り
オリーブ油 適量 みじん切り
塩 少々
水 2カップ

【作り方】
1.深鍋にオリーブ油を入れ、たまねぎを薄いきつね色になるまで炒める。
2.1にトマト、青とうがらし、とうがらし粉、塩を加えて中火で炒め、さらにツナ缶を加えて火を落とし、5分ほど炒める。
3.2に水2カップを加えて沸騰させ、洗った米を加える。
4.3をかき混ぜ、ふたをして20分ほど炊き込む。
5.4をお皿に盛り、カットしたゆでたまご、パセリをちらして、できあがり。