日本セルビア135周年レセプションで調理担当

セルビアと日本との間で初めて外交文書が交わされてから135周年に当たる2017年。6月12日にがそのお祝いのレセプションが、日本セルビア協会さんの主催によりセルビア共和国大使館(北品川)で開催され、e-food.jp代表の青木ゆり子が、シェフとしてセルビア郷土料理の調理を担当いたしました。

当日はまた、セルビアと日本の友好と、日本セルビア協会の長井会長のお誕生日を祝って、料理とともに、両国の「国旗ケーキ」をプレゼントさせていただきました。

タイトルとURLをコピーしました