京都新聞「世界と比べる京都の文化」に寄稿

3月31日付の京都新聞の全面見開き特集「世界と比べる京都の文化」第1回にエッセイ”世界の食文化”を寄稿させていただきました。

和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたのは2013年。登録に向けて活動を推進してきたのは京の料理人の方々と京都市および京都府であり、京の食文化があってこその、世界に認められた和食ともいえます。

食の無形文化遺産は、「フランスの美食術」に始まり、「地中海料理」「メキシコの伝統料理」など世界各地に及んでいます。京都市とそれらの地域の中心都市は姉妹都市関係を結んでいますが、エッセイでは、それらの料理と京料理との違いおよび共通点について言及しています。

タイトルとURLをコピーしました