ジンバブエ国旗 ジンバブエの料理

ジンバブエ共和国 Republic of Zimbabwe | アフリカ   →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


サザ
サザ(上の黄色い固い練り粥とチキン) (ジンバブエ大使館提供の料理)

典型的なサハラ以南のアフリカ料理

アフリカ南部の内陸部、モザンビークやザンビア、南アフリカなどと国境を接する国ジンバブエ。首都はハラレ。かつてイギリス領だった時代には南ローデシアと呼ばれていましたが、1980年に独立した際、12世紀から15世紀にかけて栄えた、現地のショナ族によるジンバブエの古都に由来した国名(ショナ語で「石の家」の意味)となりました。その遺跡はグレート・ジンバブエと呼ばれ、世界遺産に登録されています。また、ザンビアとの国境にあるヴィクトリアの滝は、イグアスの滝、ナイアガラの滝とともに世界三大瀑布に数えられています。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ジンバブエ
ジンバブエ

ジンバブエ地図ジンバブエの料理は、ヨーロッパのポルトガルやイギリスの影響を受けているものの、大多数の人々は、サハラ以南のアフリア各地で一般的なとうもろこしや雑穀、キャッサバ、ヤムいも、ピーナッツ、かぼちゃ(そのうちいくつかの食物は16世紀にポルトガル人によってもたらされた)を食べています。ポピュラーな主食は、サザ(Sadza)という、とうもろこしの粉で作った固い練り粥で、これをチキンなどの肉や肉入りのシチューと一緒に食べます。ほかにネジ(きのこ)スープや、ダチョウやイノシシ、ワニといった野生動物の肉、魚なども。

また、ジンバブエならではの飲み物には、ワワ(Whawha)と呼ばれるとうもろしで作ったビールがあります。

ジンバブエのシチュー
ジンバブエ風シチュー&ライス




ジンバブエ
面積 39万km2
人口 約1,290万人
首都 ハラレ Harare
住民 ショナ族(75%)、ンデベレ族(20%)、白人(1%)
言語 英語、ショナ語、ンデベレ語
宗教 部族宗教, キリスト教
建国 1980年4月18日 (イギリスよりローデシア内戦を経て独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加